> 私鉄屋雑記帳 あれから1年…長野電鉄の今 #2
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー

※ただいま整理中です※
カテゴリーに沿わない記事が引っかかるかもしれません…。



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



あれから1年…長野電鉄の今 #2

代行バスは、今どきのノンステップバス…しかもヲタシートが無いという超残念仕様でしたorz
仕方なく、一番後ろの席を陣取ります。
お客さんは誰も乗っていなかったので、このまま貸し切りかと思いきや、発車間際に一人、それもスーツ姿の男性が乗ってきました!?


30分ほどで信濃川田に到着~。



駅舎はバスの待合室として使われています。
掲示物もそのまま…というか目隠しを剥がされて木島線の運賃表や、縦書き漢数字の時刻表など、廃止当時よりも時代が遡っていますよ(笑)


待合室からホームを眺めると、そこには見覚えのあるマルーン色の車体が…!?
構内は立ち入り禁止の張り紙があるので、外から近付いてみましょうか。


丸いフォルムに一灯ライト、クーラーの室外機…コイツは紛れも無く2000系A編成!!
屋代線が廃止された2012年3月31日の深夜に、こちらへ運ばれて来たそうなので、屋代線を走った本当に本当の最期のクルマはコイツだったということになりますねw


駅の須坂方にある側線にも、ブルーシートに覆われた車両がたくさん!
長電で廃車になったクルマはここへ運ばれ解体されていたので、”電車の墓場”として知られていた場所でした。


曰く付きな場所だけに、最悪のパターンが頭を過りましたが…
このキレイに化粧直しされた車体を見て、そんな不安も吹っ飛びました。
川造型の美しいこと!




屋代方から順にモハ604、モハ1003、ED502、モハニ131(表記は新製時のデハニ201)の4両が”墓場”に保管されています。
いずれも小布施に居た頃よりキレイになっていますが、ここへ来て早くも季節が一周、ブルーシートがボロボロに…(汗;



さらに駅の裏手へ出てみるとマッコウクジラの姿も。
コイツはステンレスだから錆びないという判断なのか、そのまま留置してあります。

少し古いソースなのですが、地元紙によるとここを「屋代線トレインメモリアルパーク」として整備する計画だそうで、完成したらもう一度訪ねてみたいですね。


総勢9両もの保存車両たちを見てまわっていたら、あっと言う間に1時間が過ぎてしまいました~。
次の松代行きは、少し年季の入ったワンステップバス!
このバスは終点で屋代行きに接続していて、さらに屋代で行われる169系の撮影会(!)にもちょうど良い時間に着くので、既に同志さんが1名乗っていましたよw

…というワケで、この時点で地元のお客さんは0人です!(汗;
休日の昼間とはいえ、これでは鉄道どころか代行バスでも存続が危ういのではないかと思います。
しかも旧屋代線の代行バスですから、なるべく駅前へ乗り入れようとするので、ところどころ対向車が軽でも擦れ違うのがやっと…という恐ろしく狭い道を突き進んだりします。
これはこれで狭隘路線ファンには堪りませんが、こうなってしまうと屋代線なんか要らないよ!と言っていたマイカー族な地元の皆さんも、鉄道の必要性に気付くのではないでしょうかね…。



今にも列車がやって来そうな松代駅。
構内踏切の近くにあった、大きな松の木も現役時代のまま。
しかし抜き取られた遮断機や、無造作に垂れ下がった架線が、既に廃線であることを物語っています。
一度鉄路を手放してしまったら、もう余程のことが無い限り列車は戻って来てくれません。

***



でもって、保存車が小布施に居たときの写真を…と思ったら、こんなのしかありませんでした(^-^;
ちょうど今から10年前、OS10系さよなら運転に合わせて一般公開されたときのもので、車内へ入ることもできました。
今この場所には2000系D編成が眠っています。
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/710-9b30e0bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)