> 私鉄屋雑記帳 消え行く国鉄「改造」型 #1 123系
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



消え行く国鉄「改造」型 #1 123系
華の寝台特急が1本また1本…ここのところダイヤ改正の度に消えていましたが、今年はもう削れる列車も無くなってしまい、世間的に注目を浴びるとすれば200系新幹線の引退ぐらいでしょうか。
一方そうしたネームドトレインとは無縁の、地味ぃーなクルマたちが今回の改正で相次いで見納めに!
その一つが…


123系!

というワケで、先週末は一日中”ミニエコー”を追っかけてました~。

まずは塩尻~小野にある善知鳥トンネルから。
ここはネットに載っていた写真から見当を付けていた場所で、あっさりと撮影地への入り口が見つかり早く着いてしまったのですが、既に先客さんが数名いらっしゃいました。
そのうち近所に住むと言う同業者さんから、どこから来たのかと尋ねられたので「横浜」と答えたところ、あれ予想外といった様子…?
どうやら前日に、ここで撮影された写真が地方紙に載ったそうで、それで撮影に来たのかと思われたようです(^-^;
新聞効果か(?)この日は最終的に10人ほどのテツが集まりました。


↑のポイントから振り返ったところ。
ここはかつて東塩尻信号場があった場所で、当時のものと思しき小屋や、不自然な空き地が広がっています。
今でこそ中央線の塩尻~辰野は支線扱いですが、みどり湖経由の新線が出来るまでは立派な本線でした。


でもって、そのみどり湖駅は東塩尻信号場から歩いて15分程度の距離にあります。
近くに旧線の駅はありませんから、ここから岡谷を経由して、


午後順光になる辰野~信濃川島へ。
この日は大荒れで吹雪くとまで言われていたのに、珍しく天気予報が良い方向にハズレw
天気に恵まれた一日でした。


単行なので、こんな小さな鉄橋でも収まってしまいますwww


この世に1台しか無いミニエコー、検査のときは115系が代走します。

それにしてもこのお知らせ、果たして123115という数字だけで一般のお客さんに伝わるんでしょうか(笑)
”単行ロングシート”が”3両ボックスシート”になるので、利用する分にはむしろグレードアップですが。


最後に塩尻で駅撮り。
思えばこの103系顔も、すっかり見掛けなくなりましたね。
JR東の営業用車両ではコイツが最後の1台なのでは…?


荷物電車クモニ143として生まれ、その後幾度となく改造され現在に至るミニエコー。
松本方の前面には銘板がびっしり!


そんな改造によって誕生した”怪しい”サイドビュー。
運転席すぐ横の、取って付けたような窓が気になって仕方が無いwww


車内の吊革が茶色なのも特徴的です。
最近は吊革もカラフルになりましたが、もし旅客化したときからのモノだとしたら、なかなか時代を先取りしていますよ。


専用の乗車位置案内までありました。
車体に付いている愛称表示も光るようになっていますし、ミニエコー、たった1両だけなのに愛されていますねw

ただ、その1両だけという特殊さが、寿命を短くしてしまったようです。
JR東に単行で走れる旅客用電車はコイツ以外に居ませんから、案外長生きするんじゃないかなー、と思っていたのですが、今回の改正で長野地区に211系を投入、そこから流れてきた115系、E127系でもって、あっけなく置き換えられてしまうことに…。
E127なんかだと新しいクルマなので、2連でも単行のミニエコーと経費的に大して変わらないのかもしれませんが、マニア心をくすぐる珍車だっただけに残念です。
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
長総のクモユニ143が…
三条いつきさん(でよろしかったでしょうか?)
こんにちは

ミニエコーの記事興味深く読ませていただきました。103系的な前面を持つ車両は仰るように少なくなりましたね。
私個人の好みの話になってしまい恐縮ですが、旧国でも、103系みたいな顔をしたクハ85300が好きでしたので、この顔には親近感を覚えます(笑)


ところで。JR東日本で最後の~とのことですが、長総のクモユニ143-1がまだ現役ですね。郵便車・荷物車は一応「営業用車両」であり、クモヤやクモルなどのような「事業用車両」ではありませんので(^o^)
いずれにしろ、JR東日本の定期旅客列車でこの顔は見られなくなるわけですけど…。
【2013/03/07 09:04】 URL | 社長 #NkOZRVVI [ 編集]


どうも~いつもコメントありがとうございます!
ハンドルネームは「三条イツキ」ですが、平仮名でも構いませんよ(笑)

クハ85300、写真でしか見たことが無いのですが、サロを無理やり改造して化けたというゲテモノ感が堪りませんね。
似たような経歴を持つ、食パン電車こと419系先頭化改造車が大好きでしたから、もし今も走っていたら私も虜になっていたでしょう!

おっと、クモユニの存在を忘れていました(^-^;
東管内のクモヤも相次いで消えていますし、残念ながらクモユニも遅かれ早かれ…でしょうね。

【2013/03/11 20:41】 URL | 三条イツキ #wgmg.h4A [ 編集]

123系
こんにちは。はじめまして。
ミニエコーも引退して久しいですが、どこか愛着のわくような電車でした。
辰野から塩尻まで、ほんの短い時間の乗車でしたが、お写真にもあります数多くの銘板や長いロングシートなど、記憶に残っています。
西日本では今でも、別のデザインの改造車が走っていますが、なかなか遠くて行けませんので、当面は記憶の中の存在となりそうです。
他の記事も楽しませて頂きます。
今後とも、宜しくお願い致します。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/?pc
【2015/04/02 18:17】 URL | 風旅記 #O7xVy9HA [ 編集]

Re: 123系
風旅記さま、はじめまして!
コメントありがとうございます。

123系は個性的な電車でしたが、特にミニエコーは1両しか在籍していないこともあって特異な存在でしたよね。
私も西日本の123系には乗ったことがありません。
あちらではクルマによって個体差があったり、105系と併結したりとなかなか面白そうなのですが、やはり関東からの距離と、目立った動きがないことも手伝って、ついつい後回しにしてしまっています(^-^;
【2015/04/03 23:46】 URL | 三条イツキ #EVRdtjTk [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/708-4b641294
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)