> 私鉄屋雑記帳 在りし日のピーチライナー
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



在りし日のピーチライナー


「ニューシャトル大宮駅が桃花台っぽい」なんて書いたので、伏線回収w
桃花台新交通は、かつて小牧から桃花台東までの7.4kmを結んでいた路線で、地元ではピンチライナーの名で皮肉られ(ryピーチライナーの名前で親しまれていました。
鳴り物入りでデビューしたピーチライナーですが、接続する名鉄小牧線のターミナルが上飯田という陸の孤島で(今は地下鉄が出来て便利になりましたが)都心へ出る交通機関としては貧弱過ぎたこと、バスで直接名古屋や反対側の高蔵寺へ出た方が遥かに便利だったこと、そもそも桃花台の開発自体がアレだったこと…
などなどダメ要素てんこ盛りで、開業から僅か15年後の2006年10月1日、この手の新交通システムとしては日本初の廃止路線となってしまいました…。



小牧駅の改札口。
新しい路線なので、もちろん自動改札、自動券売機完備です。
デザインも黒系ベースでまとまっていてお洒落…なんですが、そこらじゅうに「桃花台新交通のりば」の貼り紙がペタペタ貼ってあるのが気になります。
そんなに名鉄と間違えるお客さんが多かったのでしょうか?



小牧駅はピーチライナーが誇る一大ターミナル駅!2面3線を有していて、ホームも広々としています。
でも3番線(と思しきホーム)は…



雨ざらしwww

これ、現地で見たときは将来を見越したスペースか何かだと思っていたのですが、どうやら開業当初は降車専用ホームとして実際に使われていたそうな(ただしソースはウィキペ)
コンクリ打ちっ放しで屋根も無く、どう見てもただの造りかけですよねw





ピーチライナー最大の特徴は、なんと言っても一方向運転
全駅が島式なので、ドアは進行方向に向かって右側にしか無く、ズラリと並んだクロスシートも、全て同じ向きに固定されています。
なんだか海外のループ線がある路面電車のようです。





最後尾はこんな風になってます。
車庫内では逆方向へ進むこともあるので、簡易運転台が付いていました。



でもって、この長閑な車窓もピーチライナーならではwww
小牧の市街地を出てニュータウンに入るまでは、畑や小規模な工場が建ち並んでいて…田園地帯の上空を新交通が颯爽と走る姿は軽くシュールでした(笑)



車庫は桃花台東駅のすぐ近くにありました。
将来を見越した設計なのか敷地は広いのですが、実際には100系車両が5編成20両しか居なかったので、スッカスカです。



桃花台東のループ線。
さらに高蔵寺方面へ延伸させる計画があったそうで、高架橋も延伸に備えた構造をしていますが、それも今では夢の跡…。
ここといい、小牧駅のホームといい、建設当時どれだけピーチライナーに夢を見ていたんでしょうかねー。
まぁ開通が1991年ということで、推して知るべしですがwww



これほどナウでヤングな新交通システムでも、お客さんが乗らないという現実!
三条が訪れたのは、廃止まで残り約1ヶ月に迫った8月19日だったのですが、同業者さんの姿も見かけず、ガランとしていて寂しい印象しかありませんでした。
特殊な乗り物とはいえ、テツにすら見向きもされないだなんて…。

ちなみに、まともな走行写真が少ないのは、平日の朝ラッシュ以外20分ヘッドで、なかなか枚数が稼げなかったからです(^-^;
さっさと切り上げて名鉄へ行ったということもありますがw
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

お久しぶりです!!(本当に久しぶり過ぎてすみません……)

ピーチライナーですか……。まさか、新交通システムが廃線に追い込まれるとは想像もしておりませんでしたが……。
それなりの需要は見込んでいた筈……ですし、名鉄小牧駅に直結と云うメリットは有ったでしょうに、この体たらく、
「こんなになるならLRTの方が余程安くついただろうに!!」
と思ってしまう、富山人の紅玉であります。
金を捨てるも同然(代替バスで十分な程度?の所に……)の事をしやがって。
鉄軌道全般に対する信頼を失墜させる様な愚行は赦し難い(憤)。

そもそも、「信頼性の高い比較的安価な実証済みのシステム」を故意に無視する、最初の方向性からして誤っていた、としか……。
【2013/02/23 16:14】 URL | 紅玉国光(富山市) #xTjF.3u6 [ 編集]

Re: タイトルなし
建設当時はバブル絶頂期ですからねー(^-^;
まだまだLRTなんてものが日本では知られていませんでしたし、路面電車より未来志向でかっちょいい新交通システムをおらが街にも!という風になったのでしょう。
東京、大阪にあって大名古屋には無いのが気に食わなかったという話もちらほらw
【2013/03/01 00:44】 URL | 三条イツキ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/706-80fbc751
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)