> 私鉄屋雑記帳 京急の話題諸々
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー

※ただいま整理中です※
カテゴリーに沿わない記事が引っかかるかもしれません…。



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



京急の話題諸々
まずは、





これまた毎年恒例、京急大師線の干支マークです。
1月ももう下旬に差しかかっていて全然お正月気分ではなくなってしまいましたが(笑)
干支マークは毎年1ヶ月ほど掲示されているので、今更ながら暇を見つけて港町カーブへ行ってきました。





去年に引き続き、今年も公募で選ばれたデザインが2種類あります。

しかしまぁ、ヘッドマークが付いているというのに今年の大師線も落ち着いていますよね(テツ的な意味で)
他のサイトさんを徘徊してみても、本当に京急が好きな皆さんが黙々と撮っている、という感じ。
かくいう三条も「1500なんて…」と思ってしまうのですが、久々に初期鋼製車を眺めていると、後期のアルミ車とは違う丸みを帯びた屋根が急に愛おしく見えたりして、ホント勝手なモンですwww



ところで港町駅、去年の干支マークを撮りに行って以来約1年ぶりに使ったのですが、何やら駅舎の改築工事が始まっていて、この駅舎も近々見納めになるようです。



新しい港町駅は、こんな風になるそうで。
駅北側の再開発に併せて、ラッシュ時専用の臨時改札しかなかった北側にも、ちゃんとした駅舎が建ちます。

それで、その北側駅舎のイメージ図なんですが、何やら大師線では見慣れないクルマが描かれていたり…



こんなところに達磨さんがwww

確かに片側4扉のスペックは大師線向き…
でも、如何せん6両固定のままでは入線できませんね(笑)



ちょうど都営車の南エア急が下って来る時間になったので、六郷土手へ移動。
思えばエア急になって追加された仲木戸、杉田にコイツが停車するのは、今回のダイヤが初めてなのでは…。



続いて、こんなのが来ました…!!
去年のダイヤ改正で登場した、品川~京急蒲田間の普通車の折り返し回送ですね。



「蒲田ローカル」は、京急川崎駅の手前にある引上げ線を利用して折り返しています。
ここの有効長の関係から4連限定なんですが、運用入りする車種はランダムなので、2000形は狙っていてもなかなか当たりません。



これはチャンス!というワケで、もう少し追っかけて梅屋敷へ。
思いがけず、京急蒲田幕と2000形の画が撮れてホクホクですvv

さて、そんな2000形に新年早々ホットな話題が舞い込んで来ました。

「2000形登場30周年記念リバイバル塗装」運転!!

なんと2扉時代のツートンカラーが、今月下旬に復活します!
いやぁ”快速特急”といえば2000形という時代に沿線民やってた三条にとって、これほど嬉しい知らせは無いですね。
車体は3扉のままなのですが、リリースに載っているイメージ図を見る限り違和感も無く、今から出場が楽しみで仕方ありません!!
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

大師線といえば名物?の3線軌道が存在してましたね。味の素工場の引き込み線が鈴木町駅付近にあって京急線と合流、小島新田駅の手前までの区間だったかと。分岐から先は塩浜貨物駅に通じていました。
【2016/08/22 20:51】 URL | 通りすがりの鉄マニア #- [ 編集]

Re: タイトルなし
通りすがりの鉄マニアさま。
今も鈴木町側の合流地点には「門」が残っていますね。
小島新田は、2010年頃に廃線跡の土地を使って駅を拡張したので痕跡が消えてしまいましたが、それ以前は良く面影を残していました。
そういえば、味の素線の運行は終電後に行われていたとのことで、当時の走行写真を見たことがありません。
これが現代だったら、高感度なデジカメで何とか記録できたのでしょうけど…。
【2016/08/27 22:43】 URL | 三条イツキ #yM5G9h5w [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/698-404616c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)