> 私鉄屋雑記帳 119系、えちぜん鉄道へ
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー

※ただいま整理中です※
カテゴリーに沿わない記事が引っかかるかもしれません…。



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



119系、えちぜん鉄道へ
予てより噂になっていた119系の譲渡先ですが、いよいよMC7001形(?)としてえちぜん鉄道へ姿を現したようです。

えち鉄かべ新聞「新型車両搬入」
http://echizen-tetudo.co.jp/mt/2013/01/post-130.html


どうしてこうなったwww
元愛環車と部品を共通化したかったのか、すっかり愛環100系のような顔に化けていますね。
前面以外にも大掛かりな改造が加えられていて、別のサイトさんによると、なんと足回りはVVVF化も行われているそうですよ。
近頃の地方私鉄はハイテクになりました…。

興奮冷めやらぬうちに119系の写真を…!と思ったのですが、以前書いた記事で使いきってしまったので、今回はアップしたことがなかった愛環時代の100系を貼っ付けてみようかと思います。











ときは2005年8月、100系が最期の活躍をしていた頃の写真です。
当時は2連に単行を2本繋げた4両編成で、万博輸送に対応していました。
万博八草駅や、モリゾー、キッコロも今や懐かし。

そういえば100系はえちぜんへ渡ったときに全て単行へ改造されましたが、今回の119系は見たところ2両固定のまま。
このクルマが走り出せば、真っ先に阪神車体の吊り掛け電車たちが消えてしまうでしょう…。
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/697-9f02f20f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)