> 私鉄屋雑記帳 今年の近鉄「開運号」は凄かった!!
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



今年の近鉄「開運号」は凄かった!!
これまた正月恒例となっている近鉄南大阪線の臨時急行「開運号」ですが、今年はなんと去年9月に復活したラビットカー塗装編成ラッピング編成を開運号で運転するという告知が…!
南大阪線は今までじっくりと撮影したことが無く、ちょうどラビットカー塗装が復活したので撮りに行こうかな…と思っていた矢先の発表でした。
普段ラビットカーのスケジュールは公開されていないので、これは有難いですね。



まずは今川で駅撮り。
さっそくボロが来た!と何気なくカメラを向けたこのクルマ、どうやら16000系の4連貫通編成は写真の1本しか存在しないようで…!



送り込み回送。
通過線を走るだろうと踏んでいたのですが…



これまた1編成しか居ない、16010系の特急を退避していました。

流れを見ていると、大半の普通列車がココで何かしらの退避を行っているようで、もしかすると下り本チャン通過時も普通が退避していて被られるんじゃないか…という嫌~な予感が過りました。
一番↑のボロ特急のような構図を思い描いていたんですが、ダイヤに詳しくない以上、危険な賭けは止めて安牌の河堀口へ移動しました。



おぉ!通常の開運号マークと、ラビットカーには特製方向板が付いて二枚看板!!
この近鉄の大きな方向板を一度でいいから撮影したかったんですよ~。
大阪に住んでいた頃は、阪急の小さな方向板が身近だったこともあって、その対極にある近鉄の厳つい方向板を雑誌で見て憧れたもんです。
ところが近鉄では(関西の私鉄としては)割と早くから方向幕が普及していて、確か三条が物心付いた頃には、既に伊賀線などの末端路線へ行くか、臨時列車でもない限り、板は見られなくなっていました。



ラビット開運号の次は…ラッピング開運号!
直前で曇ってしまったのが残念です…。
今年の関西地方は、正月三が日ともイマイチすっきりしない天気でしたね。



ところで、河堀口駅の直ぐ下にはJR阪和線が走っています。
ホームには背丈よりちょっと高い壁があるので、早速カメラの新機能”ライブビュー”を試してみましたw



次は上下線どちらも撮れる道明寺へ移動。
道明寺と言えば桜餅だよね!というアナタは関西人です。



逆サイド。
この開運号は、シリーズ21の重連!前パン!!でした~。
その姿もさることながら、南大阪線のシリーズ21は写真に写っている2連2本が全てで、超レアな存在だったりします。
近鉄さん、狙って入れてますねwww



ラッピング開運号。


 
ラビットカーが帰って来ました!



そして4編成使用されている開運号のうち、最も影の薄かったのがコイツwww



すぐ隣のホームからは道明寺線という小さな支線も発着しているので、ついでに撮影。
1編成が30分おきに行ったり来たりするだけのローカル線ですが、歴史的にはこちらが本線だったそうで、道明寺駅手前のカーブも道明寺線の方が緩やかです。









続いては尺土~高田市で沿線撮り。
古市ワンマン短ぇw





最後に高田市~浮孔で〆
ラビットカー色は養老鉄道でも2009年から復活していますが、やっぱり本家の方が迫力あってカッコイイですね。
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/695-3cc72cd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)