>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

函館市電、今日で開業100周年!


今日で開業100年を迎えた函館市電!
この週末は電車の大増発、ハイカラ號やササラ電車、530号が走り回るなど、ビッグイベントが目白押しのようです。
というワケで今回は、去年の10月に室蘭界隈で711系を撮った後、函館をうろうろした時の写真をアップしたいと思います。
ぶっちゃけこういう機会がないと、なかなかアップするタイミングがないw



まずは「函館ハイカラ號」こと39号を。
コイツの凄いところは、そんじょそこらのレトロ調電車とは違って、レプリカではないこと!
明治43年に成宗電気軌道でデビュー、大正7年に函館へ、その後はササラ電車として余生を送っていたところを平成4年に旅客車両へ復元したもので、生まれてから今日まで103年間ずっと走り続けているということになりますから、ただ者ではありません。

ハイカラ號の運行期間は毎年4月中旬から10月末まで、三条が訪れた時はシーズンぎりぎりでした。


ダイヤは午前と午後に分かれていて、昼間は駒場車庫で1時間ほど小休止します。
運転手さんの制服も、電車に合わせて”ハイカラ仕様”ですね。


車庫に止まっていた車両たち。
置き換えや車体更新が進んで、1両1形式になってしまっている800形812号や500形530号は、残念ながらお休みでした。


新しい車体に、800形の足回りを組み合わせて生まれた8000形。
なので、見てくれは箱型の近代的な”軽快電車”そのものですが、釣り掛け、非冷房です(笑)


十字街の操車塔と。
同じ8000形でも更新時期によってバラエティがあって、コイツはライトが角型ですね。



函館駅前の某宿に泊ったところ、一日乗車券が付いてくるプラン(!)というのがあり、これをフル活用して湯の川まで乗ってみました。
すると帰りに現れたのは、またもや新しい車体に800形の足回りを組み合わせて生まれた…低床車8100形!!
釣り掛け駆動のまま、車体の中央部分のみ低床化したトンでもない珍車でして、1両改造しただけで後が続きませんでした。
とても意欲作なのですが、どんなに頑張っても旧型電車の台車が出っ張るので、車内にノンステップバス以上の段差が出来てしまい、狭いわ危ないわで不評なのだそうな(^-^;
ウィキペに「ひな壇」なんて書かれていますが、実際に乗ってみて納得ですwww


ちゃんとした低床車も走っていますが、この「らっくる号」も1編成のみ。



800形と似たような車体をもつ、バス窓の旧型車710形。
現在9両在籍しているそうで、この日も何台か走っている姿を見かけました。


こちらはVVVF響く正真正銘の新型車両、2000形。
トップナンバーの2001号は2段窓ですが、


2002号では1段降下式で、よりスマートなデザインに。
この他、同じ見た目で冷房付きバージョンの3000形も居ます。


…ところで、物覚えの悪い三条が(笑)なぜ開業100周年の日を覚えていたかと言うと、


駒場車庫で買った、卓上カレンダーのおかげでしたー。
※イーゼルは別売りです、お近くのダ○ソーでお買い求めくださいwww
関連記事
スポンサーサイト

北海道・東北地方の鉄道 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2013/06/29(土) 22:09 ]

<<砂漠の国からの贈り物 | ホーム | 南北線1000系ラストラン!?>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/691-9d5462bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


copyright © 2018 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania
まとめ