> 私鉄屋雑記帳 30,37,38
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー

※ただいま整理中です※
カテゴリーに沿わない記事が引っかかるかもしれません…。



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

30,37,38


12月1日、JR東から3形式の気動車が引退しました。
これは珍車の宝庫だった久留里線のキハが一斉に置き換えられた為。
午後から順次新型車両のEなんちゃら系が走り始めるので、営業列車同士の「新旧共演」は、この一日だけ!というワケで、昨日は東京湾の向こう側へ行って来ました。



まずは朝の4連924Dから。
ちょっと前まで、朝の列車は全て4か3連だったのですが、今のダイヤではこの1列車しか4連にならないんですね。
もし晴れていたら、まともに撮れるスポットがありません。



続いて横田へ移動。
やってきたのは、キハ30+38+37の凸凹編成~。
この928Dは、必ず木更津方にキハ30が付く3連で、



交換相手の927Dは、久留里で行われる「さよならセレモニー」に併せて、先週から運用が差し替えられていたキハ30×2。
ということは…



キハ30同士が並ぶ!

後ろの37、38を隠してやれば、まるで国鉄時代の関西本線ですねwww
(主にテツで)混雑しているのも、それっぽい感じ。



ついついキハ30ばかり注目してしまいますが、37は朝の運用でもって入庫してしまったので、地味にこの列車がキハ37のラストランだったりしますw





午前中は、いつもどおり旧型キハたちが行ったり来たり。
でももう数時間後には…。



久留里駅では新型車両の一番列車と、折り返し待ちをしているキハ30が並ぶように仕込まれていて、狭いホームには、これでもかというくらい人人
この日は、使われていない3番線側の線路上も開放して、駅向こうの畑まで見学スペースになっていましたよw



ところが見学スペースは本当に”見学”するだけのもので、並びを撮るにはちょっと残念…。
そこで、ホームの亀山方から望遠で狙うことにしました。
構内踏切がボトルネックになっているだけで、キハ30から少し離れれば至って平和です。
さーて、あとはEなんちゃら系の到着を待つだけだー!
と悠長に構えていたら…怪しげな黒い雲が流れてきて天気が急変



なんと(あられ)が降りだしてしまう始末!!!

涙雨ならぬ涙霰とか…。
バラストに、霰が降る前から停まっていたキハ30の”型”がくっきり残っていて、事の悲惨さが分かるかと思います(滝汗;

痛いわ、寒いわ、ピント合わないわで、この手のイベントでは史上稀にみる最悪のコンディションでしたorz





濡れた服を乾かしつつ、旧型キハ最終便と新型の並びを撮る為に、再び横田へ戻って来ました。
イマイチ電車みたいで馴染めないEなんちゃら系ですが、こうやって並ぶと、どことなく顔つきがキハ38に似ているような気もしますね。

それにしても、何事も無かったように夕日が出てるよ…久留里のあれはマジで何だったのかorz



最後は、Eなんちゃら(ry に乗って木更津へ。
水郡線の色違いですが、車内は全部ロングシートです。

これでもう、よっぽどのことがない限り久留里へ行くことはないでしょう…。



木更津へ戻ると、役目を終えたキハ30が眠りについていました。
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/685-8aa8800a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。