FC2ブログ
>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

初夏の北陸、私鉄巡り #7
とにかく今年の夏は猛暑でしたが、9月も下旬に入りやっとこさ朝晩は体感温度が(相対的に?)低く感じられるようになった今日この頃…。
あの暑い暑い夏を振り返り…というか、すいません暫く放置していました「初夏の北陸、私鉄巡り」のラストを今さらアップしたいと思います(^-^;



今朝、まさかの快急で颯爽と現れて、そのまま入庫してしまった京阪リバイバル編成。
試しに、電鉄富山の駅員さんに午後から動いたりしないかどうか伺ってみたところ、夕方16時台の上市行きで出庫するとのこと!
そこで、午後は地鉄本線の越中三郷という駅へ行ってみることにしました。



これまた年季の入ったのアイテムが揃っていますね。
この駅は構内踏切を挟んで駅舎の反対側からも出入りできるので、地元の方の抜け道になっているのか、学生さんが自転車に乗ったまま構内に”乗り入れ”てきたのには、ちょっとびっくり(笑)



暫くすると、去年12月にデビューした特急「アルプスエキスプレス」が、ゆっくりと通過して行きました。
観光バスに圧され地域輸送に徹していた地鉄が、久しぶりに世へ送り出した観光特急です。
あまりレタリングをペタペタと貼ったデザインは好きではないのですが、この「アルプスエキスプレス」は地の色がレッドアローのままですし、一度休止になった3両編成が復活したりと好感が持てますね。



有名どころの常願寺川橋梁で撮影しようかなと考えていたものの、あまりの暑さに、自販機と日陰のある駅舎から離れることができず…(汗;
駅近くの踏切からでも十分絵になるので、ここで撮ることにしました。

まずは1本目、非アルプスの元レッドアローから。





続いて雷鳥カラーの14720形!!
兄弟車の長電2000系が引退してしまったというのに、地鉄では50歳を過ぎた今でも元気に活躍中。

…と言いたいところなのですが、今年1月に14721編成が床下から火を吹いて全焼してしまい、残りは写真の14722編成2両だけにorz



これまた雷鳥カラー!ちょっと新しい目の14760形です。
こやつの新塗装の似合わなさは異常。



全検明けと思しき、ピッカピカの元京阪車。

時刻表を辿ると、このピカピカ京阪が、出庫してきた京阪リバイバルと越中三郷で交換するハズなのですが…








はぃーまさかの運用変更でボロ3連やって来ましたー(汗;



突発的な運用変更か、上市からの折り返しは光線状態も最高だっただけに、これはイタ過ぎる…orz
一応駅員さんの名誉のため、ご丁寧に運用を管理する部署(?)へ電話で問い合わせて頂いたので、朝の時点では上市行きで出庫予定だったのでしょう、こればかりは仕方ありません。
まぁ代替が貴重な3連だったのが不幸中の幸いですね。

それにしてもリバイバルはドコへ行ったのでしょうか?
ここへ来る前に宇奈月や立山の奥へ行ってしまったのか、それとも不二越・上滝線か、いやいやひょっとしたら車庫に止まったままなのかも…
あまり期待せず、帰り際に稲荷町の車庫を覗いてみたところで、運が巡って来ました。



そこには夕陽を浴びた神々しいテレビカーの姿が!!
しかも不二越線ホームから、撮ってくれ!と言わんばかりのベストポジションで寝ていましたー。

この写真を撮った数週間後にはテレビカーのレタリングや、車内のテレビも復活したそうですし、これはまた富山へ来なさいという地鉄の神のお告げなのでしょう(^-^;



ます寿司を買い込んで、はくたか→MAXときの東京行き最終便で帰宅の途につきました。
相変わらず、ほくほく線の”高速進行”は半端無いですねw
関連記事
スポンサーサイト

北陸地方の鉄道 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2012/09/26(水) 21:49 ]

<<思い出の動態保存車 | ホーム | 西武の山男たち>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/663-132cf84d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


copyright © 2019 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania
まとめ