> 私鉄屋雑記帳 初夏の北陸、私鉄巡り #5
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



初夏の北陸、私鉄巡り #5


北陸の私鉄巡り、最後は富山地方鉄道です!
地鉄の朝ラッシュ時名物と言えば本線の4両編成で、特に冬季の4丁パンタは壮観でしたが、去年12月のダイヤ改正で朝ラッシュ時の増発が行われ、その替わり増結運用が無くなってしまいました…orz
そこで今回は不二越・上滝線の3連を撮影すべく、早朝ガラガラな下り電車に乗って月岡へ。



増結1本目はクハ174+モハ10026+モハ10025!!
3両とも日車独特の丸みを帯びたデザインが、優雅で美しいですね~。



続いて増結2本目、クハ173+モハ14772+モハ14771!!!
デコボコ編成ですが、雷鳥カラーで揃っていて統一感はありますw
…というか、3連の混色って存在するのでしょうか。
増結クハは3両とも雷鳥カラーなのですが、2連側はカボチャ色のクルマも居るので、運次第では”カボチャ+カボチャ+雷鳥”が出来るハズ。
ところが雑誌やネットでも写真を見掛けたことは無く、もしかするとクハの増結相手は決まっているのかもしれません。


参考までに不二越・上滝線の3連は以下の2運用です。

電鉄富山6:19→岩峅寺6:50
岩峅寺7:15→電鉄富山7:47

電鉄富山7:04→岩峅寺7:35
岩峅寺7:39→電鉄富山8:11



折り返し電鉄富山行きは逆光になってしまうので、乗り鉄しました。
地鉄では殆ど見かけなくなった車掌さん、編成の真ん中に乗務しているのも珍しいですね。

交換設備が限られている不二越・上滝線では、本線のような増発も困難なので、いま暫くは車掌乗務の3連が見られることでしょう。





稲荷町で降りると、ちょうど本線側のホームにレッドアローの快速急行が入って来ました!
平日上りのみ、1日2本運転されている快速急行、これも地鉄名物…というか迷物です(笑)
4年前に撮った時は、もっとワードで作ったっぽいチープな張り紙だったんですが、ワンマン化したときに作り変えたんでしょうか、若干グレードアップしていますw



稲荷町付近で撮影場所を探していると、1日1本だけの越中舟橋行きがやって来ました。
種別だけでは飽き足らず、ついに行先までも張り紙にwww



レッドアロー快急も普通になって折り返して来ました。



ちなみに背後に写っているデカい建造物は、例によって建設中の北陸新幹線です。
2014年度に金沢まで先行開業するそうで、とりあえず駅前だけ造って必死にアピールしまくっている福井に対して、金沢~富山周辺は工事も大詰めという感じで、高架橋も途切れなく続いています。



さて、逆光でもそこそこ絵になるアングルを見つけたので、ここでスタンバイ。

今回の地鉄撮影行、朝ラッシュ時の3連や快速急行ももちろん撮りたかったんですが、一番の目的は今年4月に復活した京阪特急色のリバイバル編成を撮ることです。
稲荷町で降りたのも彼が車庫で休んでいないかを確認する為で、どうやらこの日は走っている様子。
地鉄は夏季の特急を除いて基本的に電鉄富山発着ですから、すべての系統が集まる稲荷町で待っていれば必ず遭遇するハズです。
なので快急第2便を待ちつつ、京阪リバイバルが来ないかと踏切が鳴る度にカメラを構えます。
ところが、彼は一向に現れないまま快急の時間が刻一刻と迫って来ました…。

あちゃー読みが外れたか。

と思いきや…



なんと快速急行が京阪リバイバルでした!!!

まさかの展開過ぎますwww
いやもう最後の方では、薄々”もしかして”と予感してたりもしましたが、マジで快急がリバでしたか!



折り返し上市行きは順光で頂きましたー。
京阪特急のシンボル「鳩マーク」が凛々しいですね!!

京阪3000なんて、本家や大井川へ渡ったクルマが前々から特急色のまま走ってるじゃないか…と言われそうなのですが、地鉄はこの鳩マークが最大のポイントだったりします。



3000系比較。
大井川へ渡った3000系(左)はマークの上から六角形の行先表示が、本家の京阪8050番台(右)は鳩マークこそあるものの幕式に改造されています。
でもって今回復活した地鉄の鳩マークは、限りなくデビュー当時のオリジナルに近いんですね。
さすがに特急の文字は、誤乗防止のため伏せてあるようですが(^-^;



上市なら1時間もあれば帰って来るし、これは撮影チャンスだぞ!

ところが、喜びも束の間…。
なんと普通上市行きの正体は回送列車で、そのまま入庫してしまいましたとさ(汗;
車庫を覗くと「作業中」と書かれた札が掛っていて、どうやら当分は動かない様子。
とりあえず一旦撤収することにしました…。
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/658-89227616
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)