> 私鉄屋雑記帳 気動車、軌道を行く。
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



気動車、軌道を行く。
暫く福井ネタばかりだったので、ここらでポートランドの続きを。
以前ライトレールのMAXとストリートカーをアップしましたが、もうひとつポートランドのユニークな鉄道としてWESという近郊列車があります。



WESとは「Westside Express Service」の略。
その名のとおり、ポートランドの西側にある衛星都市ビーバートン(Beaverton)から、ウィルソンビル(Wilsonville)まで約23Kmを結んでいて、ライトレールやバスと同じTRI-METが運営、切符も共通でそのまま乗り継げます。
でもってWESの特徴と言えば、アメリカではとても珍しいディーゼルカー(DMU)が活躍していること。
あちらの近郊列車と言うと、アホみたいにデカいDLが、これまたアホみたいにデカい2階建て客車を牽引するスタイルがポピュラーですもんねw
このディーゼルカーは両側に運転台が付いていて、単行運転もできるようになっているんですが…



前後で顔つきが全然違いますwww

ビーバートン方が非貫通タイプの1000番台と、ウィルソンビル方が非貫通タイプの2000番台があり、これが2両1組で運用する分には、サマになるデザインなのです。
ところが単行で運転すると、まるで中間の簡易運転台で走っているかのような見てくれになります。



さらにさらに、この簡易運転台モドキが路面を走っちゃったりします!!
バスや自動車と一緒に、大柄なディーゼルカーが路面をゴロゴロ走るだなんて…福鉄もビックリですよwww







WESは殆どの区間で貨物線を間借りして走っているのですが、ビーバートンでは市街地を避けるようにレールが敷かれていて、そのまま旅客化したところではとても不便になってしまいます。
そこで、既存の貨物線からライトレールのビーバートン駅前まで連絡線を新設したところ、土地が無かったのかこんな風になってしまったようです。
平日ラッシュ時間帯のみ30分ヘッド(朝夕合計16往復)の運行で、土休日は全便運休になること、そしてアムトラックが路面を走るようなお国柄ですから、日本みたいな縛りも発生せず、この方が安上がりで合理的だったんでしょうね。

ちなみに日本では、軌道線をディーゼルカーで運転するには「乙種内燃車運転免許」という超レアな免許が必要でして、今のところ伊予鉄の”坊っちゃん列車”が唯一の存在だったりします。





バスやライトレールもそうですが、車内には当たり前のように自転車が乗ってます。
ポートランドのあるオレゴン州は、アメリカ50州のなかでも特に自転車にやさしい州なのだそうで、街中の至る所で自転車専用レーンを見かけたりします。



30分ほどで、終点のウィルソンビルに到着。
併設されている車庫には、何やら怪しげなステンレスカーが1両…。



アラスカ鉄道からやって来たRDC形!!

コイツは、東急や京王でお馴染のバット社が1950年代に造った気動車で、新車の1000、2000系が検査などで車両が足りない時に運用入りするそうです。
こんな年代モノのキハが、あの併用軌道を走るのか…と思うとアツいですが、いかんせん予備車なので外国人の旅行者が狙って撮るのは難しいでしょう…。

そんな貴重なシーンをアップしている現地のファンサイトさんを見つけたのでリンク貼っておきます。
同サイトではアラスカ鉄道からWESへ、日本で言うところの甲種輸送が行われている様子も見られますよ!
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
お久しぶりにお邪魔致します~
おぉ今尚も予備役ながら在籍のR.D.C.ですか~!!

我が国で言えば10系気動車か20系前期に相当する時代のキハですが、まぁBuddの全ステンレス鋼体は流石に丈夫な事丈夫な事~!!な訳で、
側面で窓の無い部分は荷物室なんでありましょうか?元々はアラスカの車だけに。
それとも面積の広いWC~?

R.D.Cも米国の幹線鉄道用車両の例に漏れず、出入台に踏段付で低床プラットフォームからの乗降が可能ですから、例え路面区間に停留所が在ったとしても、そんなに支障は無さそうですね……。ここは意外と、米国の鉄道の柔軟な面を見た感が致します。
【2012/07/29 17:34】 URL | 紅玉国光(富山市) #xTjF.3u6 [ 編集]

Re: お久しぶりにお邪魔致します~
どうも~コメントありがとうございます!

アメ車は頑丈なうえに、基本的なデザインが大きく変化しないので、逆に古さを感じさせないですよね。

ご指摘の荷物室のような個所は、どうやら現地ファンサイトによると自転車置き場になっているようです。
併用軌道に電停があればさらに萌えなのですが、WESではアメリカのヘビーレールとしては珍しく高床ホームを採用しているので、残念ながらRDCのステップも使用できなくなっている可能性大です(^-^;
【2012/07/31 01:06】 URL | 三条イツキ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/655-38a042db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)