> 私鉄屋雑記帳 初夏の北陸、私鉄巡り #2
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー

※ただいま整理中です※
カテゴリーに沿わない記事が引っかかるかもしれません…。



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



初夏の北陸、私鉄巡り #2


ビア電!!!

今回一番の収穫はコレ。
今月13日から9月9日まで毎日運転(ただし最小催行人数に満たない場合と、8月14~17日を除く)されています。
列車の性格上、夕方から夜にかけて走るので、走行写真を撮るならば夏至に近い今が旬なのです。



越前武生~せいぶなま北府で送り込み回送を順光で頂いたあとは、武生からJRに乗ってヒゲ線へ先回り。
ビア電のダイヤは、
・火木土日=越前武生→田原町→越前武生
・月水金=福井駅前→越前武生→福井駅前
の2通りあり、このうち月水金の便は武生を17:20頃出庫、福井駅前まで回送されるので撮影にオススメです。
回送は途中駅(神明か福井新?)で長めの停車時間を取っているようで、後続の急行に乗れば福武線でも追っかけができたっぽいです。





福井駅前から客扱い。
駅前電停はホームが狭いので、参加者の皆さんは歩道に集合して、ビア電が到着するとぞろぞろ乗り込む塩梅でしたw



そうそう車両について何も触れていませんでしたが、ビア電車の魅力は、何と言っても600形が確実に走ること、これに限りますね。
コイツは、大型車のクセに単車なのでキャパシティ不足…というとても中途半端な子で、今は余程のことが無い限り運用に入ることはありません。



これは2006年3月27日の写真、定期的に走っていた頃の600形です。
定期的と言っても、専ら朝ラッシュ時に神明~田原町を一往復するだけで、しかも復路は回送という超隠居生活を送っていました。
当時は派手な塗装が浮いていて、コイツと2連バージョンの610形はハズレ扱いだったんですが、ここ最近602号が203編成とお揃いの急行カラーを纏うようになってからは、株が急上昇www
思えば第三軌条方式の地下鉄を単車に改造、パンタグラフやらステップやらオプションを取り付けて路面を走る…というゲテモノっぷりは凄まじく、実はとても魅力的なクルマだったんですよね。

欲を言えば、もう少しヘッドマークが小振りで大人しいデザインだと良いのですが(^-^;





キャパシティ不足と言えば、今回は珍しく800形も走っていました。
600よりもさらに小さな800ですが、ここ暫くは検査の関係で代走しているようです。

それにしても、せっかく福鉄で一番若くて、しかも唯一の低床車なのに予備車だなんて…勿体ないお化けが出ますよ。
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/654-f268267d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)