>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

ボロキハ三昧の黄金週間 #2
ボロキハ”三昧”と言うタイトルの通り、続きがあります…



翌日はいすみ鉄道へ行ってましたw

キハ52はキハ20の2エンジン版なので、湊線のと見た目もそっくりなのですが、いすみのキハ52は雪国を走っていた名残でスノープラウが付いていたり、前面窓のHゴムを黒から灰色へ、床下は逆に灰色から黒へ、よりオリジナルに近い姿へと復元されていたりします。
一方、湊線のキハ20は水島時代に色々と改造されたままになっているものの、あちらにはあちらで、他に似たような仲間がたくさん居て魅力的です。
山の夷隅か、海の湊線か…。
もし、どっちか一つだけ選べ!なんて言われたら、悩んでしまいますね(^-^;



GW中は大多喜~上総中野の間で、キハ52による臨時の普通列車が一往復運転されました。
下り、大多喜止めの普通列車から接続を受けるので縦列停車にw



臨時列車用の特製サボ。
上りは大多喜へ着くとそのまま急行1号になるので、上総中野~大原間の急行列車なのですが、上総中野~大多喜間は普通列車ですよ、と言う扱いになっています。
かつて急行全盛期時代の時刻表を紐解くと、こんな”化ける”列車がたくさんあったそうです。
ちょうど去年のGWに乗り鉄したときにも同じようなことを書きましたが、こうした史実に基づく細かな演出に、つくづく感心してしまいます。



そう、この絵が撮りたかったんですよ!!
普段の急行列車では大多喜までしか入線しないので、なかなか撮るチャンスの無かった構図です。





こだわりと言えば、今年3月からデビューした新型車両いすみ300系にも、国鉄型のような青いモケットのボックスシートや、今どき珍しい開閉できる側窓など、同社らしい工夫が見られますね。
これまでは、まぁまぁ新しい…かな?と思えた200系も、コイツに乗ると貧相に感じてしまいます(笑)





イマイチ天気が冴えなかったのですが…
実はこの日を選んで夷隅を訪れたのには、朝の臨時列車以外にも”理由”がありました。



夢の共演!?

というところで…続きは次回をお楽しみにwww
関連記事
スポンサーサイト

いすみ鉄道 | トラックバック:1 | コメント:2
[ 2012/05/10(木) 20:41 ]

<<いま伊豆急が面白い! | ホーム | 「TOQ i」田園都市線で公開試運転。>>

コメント
どちらも
それぞれ見どころがありますね。
ひたちなかは、通常運用が目玉でしょうか。
(吉田)

URL | ひたちなか海浜鉄道 #tJ8bLkYs | 2012/05/14(月) 11:01 [ 編集 ]

どうも~コメントありがとうございます。

先日の4周年記念祭、楽しませて頂きました!
イベント時はもちろんですが、手間のかかる旧型車両を定期列車として、ごく当たり前のように走らせていることに、ただただ頭が下がる思いです。
鹿島鉄道や紀州鉄道の古き良き気動車も消えてしまい、普段使いのクルマとしては御社のキハ20系グループが日本最古なのでは!?


URL | 三条イツキ #- | 2012/05/19(土) 02:00 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/639-cf08ba3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【ボロキハ三昧の黄金週間 #2】
ボロキハ”三昧”と言うタイトルの通り、続きがあります…翌日はいすみ鉄道へ行ってましたwキハ52はキハ20の2エンジン版なので、湊線のと見た目もそっくりなのですが、いすみのキハ52は雪国を走っていた名残でスノープラウが付いていたり、前面窓のHゴムを黒から灰色へ、...
まとめwoネタ速neo | 2012/05/12(土) 07:49


copyright © 2018 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania
まとめ