> 私鉄屋雑記帳 未来のモノレール、黒い0形!
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー

※ただいま整理中です※
カテゴリーに沿わない記事が引っかかるかもしれません…。



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



未来のモノレール、黒い0形!
気合いの入った完成予想イラストを見て、思わず一目惚れしてしまった千葉都市モノレールの新型車両0形「URBAN FLYER 0-type」。
今年7月のデビューを前にプロモーション用のラッピングを身に纏い、車庫線内でちまちまと試運転している姿がネットにupされているのですが…また、そのラッピングのカッコイイこと!
あぁデビューとともに剥がされてしまうだなんて惜しいなぁ…本線で走っている姿を撮りたいなぁ…と思っていた矢先、プロモーション用ラッピングのまま最初で最後の本線試運転を行う旨が公式サイト様に告知されたので、今日は千葉へすっ飛んで行きました!!



真っ黒の車体に、千葉氏の月星紋をデザインしたというお洒落なロゴ。
つばめの某氏みたいなコテコテのレタリング漬けではなく、控えめなのが良いですね。
日本離れしていて、どことなくラスベガスモノレールを彷彿とさせます。

なるほど、こうして千葉のベガス化を進め、ゆくゆくは成田空港にカジノを造り羽田との差別化を図るワケですね森田さん(笑)



冗談はさておき、とにかくヤバいカッコイイのです。





カッコイイのですが、とても撮影者泣かせなデザインでもあります…(^-^;
”まっくろくろすけ”で、オマケに車体てかてか反射しまくり。
これほど露出が難しいクルマもないですね。





0形の試運転は、午前中の動物公園~千城台間2往復でお仕舞い。
千葉都市モノレールに乗ったのは今回が初めてなので、撮影のあとは乗り潰ししてみました。



千葉都市モノレールには、千葉みなと~県庁前間の1号線と千葉~千城台間の2号線があります。
この2路線を合計した距離が15.2kmで、懸垂型モノレールでは世界最長としてギネスに載っていたりします。
そんなワケで、乗り潰しには思っていた以上に時間がかかりました…というかノロい(笑)
同じ懸垂型の湘南モノレールに比べると、何か疾走感が足りないんですよね。



県庁前で怪しいヤツ発見!
事業用車両ももちろん、ぶら下がってます。



沿線最大の見せ場が、この栄町~葭川公園間にあるアーチ橋。
ぶっちゃけコレを造りたかったが為に、わざわざ1号線を枝線にしてまで、県庁前へ軌道を敷いたように見えなくもないですwww
実際のところは延伸計画があって、今の県庁前止まりは暫定的なのだそうですが、現状では中途半端過ぎて日中15分ヘッドでもガラッガラという…(汗;

ただ、この区間に0形を走らせたら注目度もバツグンでしょうし、今後に期待ですね。







いちいち設備が大げさな感じの千葉都市モノレール。
1号線と2号線が交わる千葉駅付近では複々線のようになっていて、見上げると圧巻!
こんなところも、単線でシンプルな湘南モノレールと対照的ですね。









せっかくなので、午後は京成千葉線へ。
「青電」や「ターボ君」こと3600形のブツ6編成が運用に入っていました。
ここのところ京成はスカイアクセス線関連ばかりで、暫く3300形には動きがなかったのですが、コイツも今のうちに撮り貯めておかないとなぁ…と思います。

関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/631-13c46b3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)