>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

想いは引き継がれる #2


3月24、25日の2日間に渡り海老名車庫で行われた、小田急5000形、HiSE、RSEの3形式同時お別れイベント。
三条は初日に参加、ノコノコと昼ごろに重役出勤したのですが、思っていたほど混雑しておらず、いつぞやの年みたく列に並ぶこともなくスムーズに入場でき、会場内も終始まったりという感じでした。
駿豆線のイベントと被っていたからでしょうかねー(んなこたないwww)



ただ撮影会場では、車内見学用の階段が横付けされていたり、車両ギリギリまで近付けてしまったり…車両同士の間を通路にしていたので、並びを撮るにしても人が写り込んでしまう(汗;
途中雨が降ってきて車内で雨宿り、ゆっくりと寛ぐことは出来ましたが、編成写真を撮る人向けでは無かったですね。
ここにupしている写真は、閉場直前に撮ったものです。

…いや、時間的には閉場直後だったりしますが(笑)
皆さん考えることは同じで、人が捌けた後に撮ろうと終了間際にテツが押し寄せ、お開きになるまで20分ほど”遅延”していたのでした(^-^;





5000形は、懐かしのロゴマーク無し分割表示という出で立ちでした!
新松田の分割はしぶとく残っていましたが、今回の改正で通勤車両の分割運用も過去のものに…。





雨に洗われたナンバーと、そこに映る赤いロマンスカー。
この日は晴れたり雨が降ったりと、ころころ天気が変わる一日でした。


***
















#1ではロマンスカーをupしたので、今回は通勤車(5000、5200形)を。
例によって撮影時期はバラバラです。

通勤車たちはロマンスカーよりも身近な存在だけに、小田急顔が消える…ということの方が、個人的に感慨深かったりしますね。
大学から新宿へ出るとき、よく乗りましたよ。
末期は4連ばかり残っていたので、10連の急行に乗るときは、なるべく新宿方を狙ってました(笑)
今回のイベントで、あの独特のブロワー音を最後にもう一度聞きたかったのですが、残念ながら電源は入っておらず、車内に居ても振動一つしなくて寂しさが込み上げて来ました…。

***






先日から旧塗装に戻った7003編成が、イベントへ合わせるかのように運用入りしていたので、時間を見計らって沿線にも繰り出してみました。
今回は前面窓枠の銀縁まで再現しちゃった本気仕様!カッコイイですね~。
果たして7004編成にも波及するでしょうか…!?

関連記事
スポンサーサイト

小田急 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2012/03/26(月) 00:17 ]

<<早春の信濃路へ #3 屋代線乗り納め | ホーム | 神鉄粟生線、5月から大幅減便に。>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/629-f7ec994a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


copyright © 2017 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania
まとめ