>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

神鉄粟生線、5月から大幅減便に。


以前から存続問題が取り沙汰されていた神戸電鉄粟生線ですが、遂にダイヤへのテコ入れが行われることになりました。

「ダイヤ変更の実施について」
http://www.shintetsu.co.jp/release/2011/120319.pdf

うわーorz
粟生線だけに青息吐息…いや、これはシャレにならんですな(汗;

pdfが見られない方向けにまとめると、5月中旬より

・日中に急行を新設する。
・一方、従来30分ヘッドだった新開地~粟生間の直通列車を1時間ヘッドに。
・毎時2本あった小野行きを志染行きに短縮。
・鈴蘭台~志染間は毎時4本を維持するものの、うち2本は急行になるので通過駅は減便。
・終電繰り上げ、ラッシュ時は据え置き。

という感じになります。
ある意味、今まで15分ヘッドを維持していたのは奇跡だったと言えるかもしれません。
急行運転でもってメリハリを付けたと言えば聞こえは良いのですが、正直これって志染から先は捨てたも同然なのでは…。
定期券を買い替える新年度の前に、まだ正式な改正日が決まっていない時期に先行発表したことなど、相当な配慮がなされているところを見るにつけ、苦渋の選択だった…ということが、ひしひしと伝わってきますね。

今回は、2008年8月に神鉄を訪ねたときの写真をアップします。
なかなか記事を書くタイミングが無くて、すっかりアップしそびれていました(^-^;





まずは、神鉄といえば1000系列です!
この昭和気質なデザイン、ずらりと並んだ2段窓と前パン、そして力強い足回りが堪りませんね!!
ここ最近は幌枠の撤去が進み、塗装の簡略化も行われて少し表情が変わりました。
ドア全体が赤い旧塗装は、いつの間にか消滅した模様…。



こんな中途半端な塗り分けをしたクルマも写っていました(あとから気付いたw)
ググってみると1357、1358号の2両が、ごく短期間だけこの塗装を纏っていたそうで、現在は普通の省略塗装になっているようです。



ウル○ラマン電車(笑)3000系の普通小野行き。
現行ダイヤでは日中の2本に1本が小野行きですが、改正後はグンと見る機会が減りますね。



有馬線で朝ラッシュ時に上り2本(土休日は1本)だけ運行されている特快速
なんだかヘンな響きの種別ですが、かつて設定されていた特急より遅く、快速より速いということで特快速なのだそうな。
2007年3月の有馬線快速廃止から、2009年3月の粟生線快速復活までの2年間は快速も無かったので、なおさらヘンでしたw



最新型車両、6000系による特快速!
撮影当時はデビューしたばかりの頃で、まだ1編成4両しか居ませんでした。
まぁ、今でも2編成6両なのでレアなことには変わりないのですが。



幕回し中に現れた特急表示。
特急を走らせるとパターンダイヤを乱してしまうので、1998年3月の改正で廃止されたようです。





一方、非冷房車のボロも5両(1050形2両、1070形3両)残っていて、朝ラッシュ時に2往復あった5連運用の増結車として活躍していました。
上手いこと、非冷房車だけの列車が出来ないように工夫していたんですね。
しかし繰り返しになりますが、この写真を撮ったのは2008年8月、窓も全開ですよ。
当たり前ですが、非冷房車には見事にお客さんが乗ってませんwww

これじゃあ実質4連や3連と大して変わらないワケで、2009年3月の改正で5連運用が消滅、非冷房車も廃車になりました(^-^;



新開地12:31発、準急粟生行き。
この写真は、さらに遡って2006年12月の撮影で、まだ日中にも準急が走っていました。
2007年3月の改正で日中の準急が格下げされて以来、10時~14時台は全線で普通列車のみの運行となっているのですが、今回の改正で5年ぶりに日中の優等列車が復活することになりますね。



はぃ、というワケで神鉄の写真を引っぱり出してきたのですが…有馬・三田線の写真ばっかり(^-^;
思えば粟生線、電化前の加古川線を訪ねた帰りに乗ったきりでした。
騒ぎになる前に…というのも失礼ですが、三条お気に入りの1000系たちが元気なうちに再訪しなきゃなぁ、と思います。

三田の木街中央方面(笑)は未乗ですしwww
関連記事
スポンサーサイト

近畿地方の鉄道 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2012/03/22(木) 23:41 ]

<<想いは引き継がれる #2 | ホーム | 早春の信濃路へ #2 屋代線乗り納め>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/628-4d952d19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


copyright © 2018 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania
まとめ