>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

比奈から貨車が消えた日


初代のぞみ型の引退を伝えるニュースが流れるなか、今朝は三条も東海道線を下り、静岡方面へ。
吉原で下車し、向かった先は東海道新幹線の…すぐ高架下を走る岳南鉄道でした。











最終日の今日も、嬉しいことに”比奈のヌシ”が突放作業に活躍していました。

…でも、何だかいつもと動きが違います。
既に周辺の専用線から貨車の姿は消え、構内に残っていたワムも、突放を繰り返すことでみるみるうちに一つの編成に。
旅立ちの準備が、刻々と進められていたのです。



ただナゼだか富士岡方の側線に、ワムが2両だけポツンと残されていました。
岳南が引き取って、倉庫にでもするんでしょうかね…?



比奈駅の窓口には、貨物列車の時刻が書かれたメモが。
返しは全て単機、もう貨車たちは戻って来ません。



硬券。
貨物扱い廃止に伴って比奈駅も無人化されるので、この日は切符コレクターの皆さんが”大人買い”をされていましたw

あの無線飛び交う賑やかな待合室も、今日で最後なのか…。



704レを定番の左富士で。
富士山と絡めて撮れる水路側は大勢のテツでごった返していましたが、この季節の富士は晴れていても霞んでしまうので、順光側で一枚。
これで、紙の街からワムが消えてしまいました。



折り返しの単機。



ところでED402のヘッドマークですが、前後で微妙にデザインが違っていたりします。
先週土曜のイベント時には、また違った柄のマークが取り付けられていたようなので、これは恐らく最終日バージョン。
デフォルメされたED501と青&茶ワムのイラストが泣けますね…。



一方ホンモノのED501は、コキとともにスタンバイ。
それにしても、近代的なコンテナ車の似合わないこと(笑)
そんな姿も現代に生きる老兵機関車ならでは、だったのですが。



708レ。
最後に残ったコキを送り届けて、岳南の貨物列車の歴史に幕を閉じました。
あぁ、頼りの綱の貨物が消えてしまっては、あの引き込み線のような岳南鉄道に一体何が残ると言うのでしょうか…。

JR貨物としては、富士、吉原、沼津と隣接する貨物扱いを一まとめにする、という狙いがあるのだそうですが、これまで工場から直接オンレールで運んでいたものを、いちいちトラックで駅まで運ぶ必要が出てくるワケで、いまいちメリットが見出せません。
むしろ荷主離れに繋がるのではないか、と。
素人の一ファンがあれこれ言ってもどうしようもないんですが…何か、こう、もやもや感の抜けない感じがしてならないのです。



ガランとした比奈駅など見たくもないので、そのまま夕暮れの吉原駅へ戻ると、各地から回収してきたと思しきワム42両(!)を従えたEF66が出発を待っていました。
このなかに、昼の704レで運ばれてきたワムも混ざっていたことでしょう。
関連記事
スポンサーサイト

東海地方の鉄道 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2012/03/17(土) 01:10 ]

<<早春の信濃路へ #2 屋代線乗り納め | ホーム | 早春の信濃路へ #1 しなの鉄道169系>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/626-300aa859
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


copyright © 2018 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania
まとめ