> 私鉄屋雑記帳 想いは引き継がれる #1
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー

※ただいま整理中です※
カテゴリーに沿わない記事が引っかかるかもしれません…。



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



想いは引き継がれる #1


ダイヤ改正まで残り1ヶ月。
もう既に皆さんご存じかと思われますが…2012年3月17日は小田急ファンにとって忘れられない日になりそうですね。
最近は小田急沿線へ行く用事も無いので、すっかりご無沙汰なのですが、公式でもこんな特設サイトが出来ていたりして、もうそろそろ有名撮影地で無くても、のんびりと撮影することはできなくなってきたかもしれません。

葬式テツだと自負する三条ですが、今回はあえて撮影に行くようなマネは止めておくことにしましたw
ぶっちゃけ1区間だけだったので、ロマンスカーは愚か急行に乗る機会も皆無でしたが(笑)一応4年間通学で使っていたこともあって、もう思う存分撮れただろうと。
これまでに撮り貯めた写真をupする程度で、喪に服すことにします。

…というワケで、以下いつにも増して写真だらけなのですが、ご笑覧くださいな(^-^;


・HiSE(10000形)



VSE登場まで、ロマンスカーのリーダーと言えばHiSE!
公式サイトによると「未来を先取りしたハイデッカー車」とのことですが、バリアフリーまでは先取りできず、逆にそのハイデッカー構造が仇となってしまいました…orz









HDD漁ったら出てくるわ出てくるわ…若干古いのも混じってますね。
鳥のf(ry新CIが付いてない頃とかwww
懐かしの「サポート号」なんてのもありましたが、写真の出来が残念過ぎるし、そもそもHiSEには前面幕が無くて分かり辛いので却下しました(^-^;



海老名のイベントでは毎年のように彼が居ました。
実は「スーパーはこね」や「あしがら」など、ネタ表示をしてアピールをするも前面幕が(ry なので、どうせならLSE持って来いよ…とか不満タラタラ言ってましたゴメンなさいw

・20000形(RSE)





恐らく、今回の改正で一番衝撃的だったかもしれないRSEです。
HiSEは以前から徐々に減ってきていましたし、1編成しか造られなかった371もデビューから20年を迎え、遅かれ早かれ何かしらの動きがあるだろう思っていたのですが、まさかコイツも同時に消えてしまうとは…。



小田急初の2階建て車両に、HiSE譲りのハイデッカー…。
そしてMSEが登場するまでは、ロマンスカーファミリーで唯一青系のボディーカラーを纏っていて、ちょっと特別な印象があるクルマでした。





江ノ島×RSEのコラボ!
2008年7月25日、一日だけRSEが「湘南マリン号」を代走したときの写真です。
普段は見られないRSEの江ノ島線入線や、唐木田から新百合ヶ丘、藤沢で2回スイッチバックして片瀬江ノ島へ直通する、という運転経路もインパクト大でしたね。
好評だったのか、この年から毎年夏のシーズンになると設定されていましたが、去年は震災の影響で運転されませんでした。
果たして、今年の夏は復活するでしょうか…。


・LSE(7000形)



既に1編成がリバイバルカラーを纏っているLSEですが、新塗装2編成のうち1編成を廃車、残った1編成を旧塗装へ塗り替えるのだそうで、新塗装が旧塗装に食われるという下剋上(?)が発生www
あれ…リバイバルカラーは期間限定だとか言われていて、雪が降った日に慌てて撮りに行ったのは何だったのだろう(笑)

ちなみに新塗装車は、あさって2月19日をもって運用から外れるのだとか。











最後の一枚は、去年4月28日に撮影した写真です。
3.11直後は電力不足で通勤電車の運行すらままならず、”贅沢品”のロマンスカーも約1ヶ月間運休。
復旧後も数日間は臨時ダイヤで運行され、あさぎり号以外は「臨時」表示となっていました。


・371系



この世にたったの1編成だけしか存在しない、同じ「あさぎり」で活躍するRSEよりも特別なクルマでした。
今でも見劣りしない斬新なデザイン、そして日本が元気だった頃を今に伝えるバブリーな造りは、見る人を新幹線だと勘違いさせるほど(実話)
ぶっちゃけ今の700系なんかよりも全然”新幹線らしい”姿をしています。



静岡地区では、間合い運用で「ホームライナー浜松」としても活躍しています。
新宿から浜松までの広い範囲を、毎日たった1編成でこなしている姿を見ると”オレの代わりは居ない”的な、ちょっぴり切ない(?)頼もしさを感じさせますね。
ダイヤ改正後は波動用として余生を過ごすそうで、ホームライナーとして活躍する姿も見納めかもしれません。





でもって、三条にとって371系といえば「大学の最寄り駅で遭遇したら、早歩きしないと1限に遅刻する」フラグでしたwww
他の小田急車とは音色の違う、甲高い警笛を残して走り去って行くので、改札口に居ても”あ、ヤバいな”となるのです。

恐らく電車通勤or通学をされているテツならば、レアな運用を目安にしている方も多いことでしょう。
某緑線みたく1形式しか走っていなかったり、ダイヤにも特徴が無かったりすると難しいのですが(笑)



塗装が変わるLSEを含め、このアイコンも一斉更新されるでしょうね。


***




最後に、今回の改正でひっそりと存在が消されている「ベイリゾート号」を。
有楽町線のホームドア設置工事に伴う”運転休止”なのだそうですが、果たしてホームドアはMSEに対応できるのでしょうか。
何だかこのままフェードアウトしてしまう予感が…。

それにしても、運行開始直後に乗りに行ったのは、かれこれ4年も前のことなんですねぇ。
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/615-0c93fefb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)