> 私鉄屋雑記帳 貨車の王様を追って 前編
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー

※ただいま整理中です※
カテゴリーに沿わない記事が引っかかるかもしれません…。



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

貨車の王様を追って 前編
今月のDJ誌は巻末の甲種欄が盛りだくさんなのですが、なかでも目立つのが特大貨物の記事。
ここ最近シキ車の動きが活発でして、ちょうど日曜日には小山の高岳製作所専用線で変圧器が出荷されるとのことで、行ってみることにしました。



今回の撮影のお供は…小山市観光協会の13号君!
小山駅から高岳製作所までの距離は5.6kmもあり、さすがに徒歩での撮影はキツいので自転車を借りて来ました。
すると受付のおじさん「機関車ですか?」と、いきなり図星(笑)
皆さん考えることは同じで、普段なら2~3台あれば十分なところ、この日は既に10台以上も出払っていたのだとかwww
ストックは多数用意してあるそうですが、万が一のことを考えると、専用線の運行日は早めに借りに行った方が良さげですね(^-^;



まずは専用線の最深部、工場の前まで一気に走らせます。
既に変圧器を積んだスイッチャーが出発を待っていました。



工場前には機関庫と、何やら錆びた茶ワムやカバーを掛けられたナゾの台車(?)など、怪しいクルマたちがたむろしています。



この水色をした貨車のようなものは「変圧器タンク静荷重試験専用車両」(名前長っ!)という、変圧器の重さを量る装置だそうで、車体にはシキ610、370、800と目盛りが振ってあります。
コイツを使って、輸送に使用するシキ車の大きさを決めるんでしょうね。

ちなみに、今回のは特大貨物のなかでも小振りなシキ180でした。
小さいとは言っても、80トン積み、4台車10軸という化物スペックなのですがwww



なんと!ご丁寧に、自家用車で来たテツ向けに駐車場の案内までありました。
ただ追っかけて何発も撮るとなると、ここの場合は自転車の方が圧倒的に有利だったりします。
その理由は後編で…



工場から少し南下したところにある撮影ポイントへ。
暫くすると、シキ御一行様がそろりそろりとやって来ました。

それにしても、今日は見事な青空です!
ムカデのように車輪がいくつも付いたシキですが、澄んだ空とお揃いの青い機関車と変圧器のおかげで軽快な感じすらします。



遮断機の無い踏切。
こんな感じの踏切が途中に数ヶ所あって、その都度一旦停止→係員がスイッチャーから降りてきて手動で警報機を作動させるので、とにかく遅いです。



さらに追っかけて、もう一発。
古河スカイという工場の前にある機回し線へ到着しました。



実はこの古河スカイ前から先、小山駅までの区間は古河スカイの専用線だったりします。
それだからかスイッチャーの役目もここまでで、到着次第すぐにシキから切り離されてしまいました。
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

またまたこんにちは

シキを追いかける楽しさが伝わってきますね~
私は三年前に、往復ともシキがある時に訪ねたのが最後ですが、また行きたくなってきました。

ここは、機関車の免許を持った方が一人しかいなくて、平日は本業で忙しいため、結果的に土曜に走ることが多くなっています。去年、テレ東の『空から~見てみよう』で取材していました。カメラマンがスイッチャーの運転室に同乗し、運転操作や前面展望も登場しました。
【2012/03/03 14:40】 URL | 社長 #NkOZRVVI [ 編集]


どうも!コメントありがとうございます(^-^)

訪問前にネットで下調べをしていたとき、どこかのサイトで、その3年前と思われる往復運転だった日の記事を読んだ覚えがあります。
往復の場合は古河スカイ前で交換するとのことで、追っかけるにしてもスイッチャー側で撮るか、DE10側で撮るか悩んでしまいますなぁ。

くも爺、くもみですね(笑)
ときどき濃い鉄ネタが登場するのでチェックしていましたが、なんと小山の専用線も紹介されていたとは!見逃していました…。
土曜日運転なのには、そうした理由があったのですね。
副産物ながら、我々テツに取っても有難いことです(^-^;
【2012/03/05 19:54】 URL | 三条イツキ #wgmg.h4A [ 編集]


大物車を間近で見る機会と云うものは中々ございませんので……。
本当に幸運でいらっしゃったのですね~。

あの、“鉄の百足蟲”の如き巨躯が、そろりそろりと進む威容は、想像するだけで興奮するものがあります。
有難うございました&お疲れ様でした。
【2012/04/21 17:15】 URL | 紅玉国光(富山市) #xTjF.3u6 [ 編集]


コメントありがとうございます!

大物車は神出鬼没的な存在ではありますが、毎月DJ誌にダイヤが掲載されるので、比較的追いかけやすい貨車だったりします。

もし機会があれば、その迫力を間近で体感してみてはいかがでしょうか!?
【2012/04/21 23:13】 URL | 三条イツキ #wgmg.h4A [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/612-9df25bd1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。