>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

田字窓、富士急へ行く!


去年の10月に続き、富士急行6000系(元JR205系)の甲種輸送が長野→大月間で実施されました。
前回と同じく元京葉線のクルマなのですが、なんと2本目となる今回は田字窓車が富士急入りすることに!!
仕様を統一した方がメンテも楽だろうに…と思いつつ、テツ的には実に面白い展開になりましたw



この甲種の特徴は、何と言っても譲渡車の他に大月での入換えに使用するDE10(しかも新鶴の原色1566号機!)が引っ付いていること。
しかも梶ヶ谷でDE10を拾ってから新座→八王子へと抜けるので、進行方向によって重連、またはプッシュプルのように見えるという2つの表情が楽しめます。

この日は凍てつくような寒さにもかかわらず、有名ポイントでは大勢の方が撮影されていました。
三条は前日まで舞台の手伝いをしていて、その後は案の定打ち上げ→オールという流れで、一旦都内の友人宅へ転がり込み(自宅へ戻ったら、確実に寝オチしてアウトなのでwww)そのまま徹夜明け+二日酔いの身に打ちつける氷雨と闘いながらの撮影という、新年早々思い出に残る最悪のコンディションでしたが…。
今回は田字窓車ですし、1本目を撮り逃していることもあって、アホしてでも撮る価値のある被写体でした(^-^;





八王子では半日ほど停車するので、一旦側線へ入って深夜まで待機。
カマを付替えて押し込むまでのホンの数分間ですが、DE10原色と更新色による夢のプッシュプル編成が実現しました。



先頭化改造で誕生したクモハは、前パンが増設されてWパンタに!
車内はドアまでびっちりと目張りされていて、外から様子を伺うことはできません。
ここまで完全防備ということは、内装にも何らかの手が加えられているということでしょうか、あれこれムダに期待してしまいます(笑)


***






田字窓といえば、やっぱり山手線!
まだまだ205がたくさん居た頃は、少数派のコイツが来ると”当たり”だったのですが、E231の増備が進むと205のなかでも新しい編成が先に転属して行ったので、末期は田字窓ばかりが残っていました。
最期にヘッドマークが付いたのも田字窓車でしたね。

さてさて、車体は汚れもそのまま現状維持で譲渡された感じの6000系ですが、果たして富士急ではどんな姿になって走り始めるのか!?今から楽しみで仕方ありません!!


***




富士急ネタで、もう一つ。
どうやら老朽化したフジサン特急(→元JR165系)の代替車両として、RSEを購入する方向で話が進んでいるようです。
ソースはこちら→http://www.47news.jp/CN/201201/CN2012012101001689.html

小田急さんにはHiSEの前例もあるので、どこかしらから手が挙がるのではないか…と思っていましたが、なんということでしょう!富士山を挟んで、スグ向こう側の会社から声が掛かるとは。
塗装は?編成は??ダブルデッカーはどうするのか???
元JR205系や元京王5000系、それにJRからの乗り入れ車両たちと並ぶのかと思うとアツいですなぁー。

※今回どのカテゴリーに入れようか物凄く迷ったんですが、写真のうち8枚中7枚がJR東管内で撮影したものなので「JR東日本」にしましたw
関連記事
スポンサーサイト

JR東日本 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2012/01/22(日) 15:14 ]

<<雪の東横線と春節マーク | ホーム | 神奈川の私鉄から…干支マーク2題>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/610-cb49a470
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


copyright © 2018 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania
まとめ