> 私鉄屋雑記帳 まるで1/1鉄道模型!? #3
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー

※ただいま整理中です※
カテゴリーに沿わない記事が引っかかるかもしれません…。



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



まるで1/1鉄道模型!? #3


さてさて…最後は、お待ちかねの体験乗車
OERMには敷地の西側にある駅を起点にグルッと一周する軌道線と、南北に延びる1.5マイル(約2.4km)の鉄道線があります(#1の地図参照
ここまで車庫のなかを見物しまくっていた三条ですが、実は入場するだけならタダ(!)でして、この動態保存車に乗る場合のみ大人12$のチケットが必要になります。



補充券のような縦長のペラい乗車券。
この券一枚で、軌道、鉄道の両方とも一日乗り放題です。





軌道線では、ロサンゼルス鉄道のPCCカー3001号と1201号の2台が、時計回りに続行運転していました。
特に決まったダイヤは無く、ある程度お客さんが乗れば動かすという感じ。
この適当さが厄介で、走行写真を撮ろうと沿線で構えていても、なかなか思うように動いてくれません(^-^;



軌道線のエンドレス部分は1435mmと1067mmの三線軌条になっています!
よーく見ると外側の1線は錆びが浮いているので、この週末は1067mmの電車しか走っていなかったんでしょうね。





一方、鉄道線ではクリスマスに合わせたイベントが行われていて、サザン・パシフィック(Southern Pacific)+サンタ・フェ(Santa Fe)のDL重連に旧客を5両連ねた列車が停まっていました。
相変わらずデカい機関車だなぁwww



例の1日乗車券に付いてきた整理券。
この券に割り振られた列車のみ、1往復乗車できるようになっています。



イベント列車は、その名もサンタトレインといいます。
おぉ、確かにサンタさんが乗ってるぞ(笑)
中間に増結されたユニオン・パシフィックのラウンジカーでくつろぐサンタ氏。



こちらはサザン・パシフィックの座席車。
鉄道線車庫で休んでいたクルマと同じモスグリーンの重厚なプルマン客車ですが、なんと整備途中のまま走らせているようで、天井を見上げると電球がそのまま吊るしてありますwww



1.5マイル先の折り返し点まで、片道約15分ほどかけて走ります。
車窓は畑と資材置場のような空き地が広がっていて単調…というか、人間が走っても追い付けそうな速度なので変化もクソもないですな(^-^;
車内では、車掌さんが巡回してキャンディケーン(杖の形をした硬いキャンディー)を配ったり、お客さんと定番のクリスマスソングを合唱したりと退屈させないようにしているのですが、どちらかというと子供向けな感じ。
博物館の予定表によると、別の日には貨物列車のフォトランや、蒸気機関車を走らせる「SLの日」、パシフィック電鉄のクルマを集めた「Red Carの日」などテツ向けのイベントも用意されているようでちょっと残念でしたが、まぁ手作り感溢れるアメリカらしいクリスマスが体験できたので、これはこれでヨシとしましょうかw



関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/601-5e4f597b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)