> 私鉄屋雑記帳 京成AE100形&京急2100形、西馬込で夢の共演!!
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー

※ただいま整理中です※
カテゴリーに沿わない記事が引っかかるかもしれません…。



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



京成AE100形&京急2100形、西馬込で夢の共演!!
先週市営、今週都営…こちらは恒例の「都営フェスタ」馬込検修場一般公開へ行ってきました。
乗り入れ先の多種多様なクルマたちをかき集めてきて、毎回ゲストがメインと化するこのイベント。過去には集まった車両7形式のうち4形式が、その後数年で引退したという伝説の年もw
今年は都営交通が100周年を迎えたということで、

ちょっとAE100と2100借りて来ます。






( ゚д゚)ポカーン


都営さんマジですか!初見で公式リリースを開いたときは「今日は4月1日だっけか?」と、思わずカレンダーを確認してしまうレベルのブッ飛び企画www
まずは前座からして凄い。





なんと、朝っぱらE5000形を走らせちゃいましたよ!
それも在籍する全2編成4両が、続行運転で西馬込~泉岳寺の間を1往復しました。
E5000形は大江戸線のクルマを浅草線経由で馬込検修場へと運ぶために登場した、恐らく世界で唯一の普通鉄道とリニア式両用の電気機関車です。
かれこれ5年以上、検査の度に大江戸線を汐留から馬込へと運んでいる彼ですが、何せ深夜帯の地下線が職場なので、滅多なことでは走行シーンを拝むことが出来ません。
そんなワケで、コイツの走行音を初めて聞いたんですが…いやぁ、シーメンス製というのは存じ上げていましたが、まさかこれほどの騒音メーカーだったとは(笑)いかにもシーメンス!という独特の音色で、京急新1000形の初期車から音階部分を消した感じ。台北の地下鉄にも似ていて、やかましいけど勇ましいですw
聞いてみたい!という方はyoutubeでググると幸せになれます。



E5000を撮った後、急いで会場へ向かってGETした撮影会の整理券。
撮影会は各200人×4回の計800人でして、そのうち開場時に配布される午前枠は2回分400人限定。三条の場合、この午前枠を何としてでも手に入れなければなりませんでした。
実は、かの震災で遅れに遅れまくった大学の卒業式が、この日の夕方に予定されていて(!)もし午後回に割り振られてしまうと遅刻必須で、撮影会は諦めざるを得ない…かと言ってE5000の撮影を捨てることはできず、今回はかなりキワどい賭けに挑むことに…(^-^;
既に会場前はかつて無いほどの長々々蛇の列が出来ていて、とても400人以内という感じではなく内心かなりガクブルものだったんですが、結果はご覧の通り。なんとか午前の2回目になりました!



まずは撮影会場の裏側から。01N快速千葉中央行きの北総7260形と…大江戸線ちっさwww



赤緑組とでも名付けましょうか。
芝山車の01HK普通東中山と、公団車の03N特急金町です。もうカオス過ぎて何が何だか(笑)



そして京急2100形京成AE100形!!

AE100は地下鉄へ直通できるよう非常ドアが前面に付いているのですが、先頭車の"鼻"が長く、信号システムに引っかかってしまって、都営側が改良しない限り乗り入れできません。
一方2100も泉岳寺より先は入線したことがなく、トンネルを挟んだ私鉄のスター同士が顔を合わせることは無いと言われていました。…えぇ、まさかこのフレーズを過去形で書ける時代が来ようとは!

今回、西馬込へは終電後の深夜に京急、京成の各乗務員が添乗して都営の運転手が運転する、という荒ワザでもって回送したのだそうです。



お待ちかねの撮影会場!一枚では収まりきらなかったので、雑ですが写真をつなぎ合わせてみました。この写真のみクリックすると拡大します。









浅草線を通ってやってきたAE100と2100形、普段地上では見ることのできない大江戸線と電気機関車、公団車による三崎口行き、今は駅自体が存在しない羽田行き、通勤特急の新逗子行きなどどこに停まるのかすらナゾな列車たち…

もうこれ以上は無いんじゃないかというくらいの、サービスの限りを尽くしたネタの数々!
あぁ、ただただ素晴らしいとしか言い様がありません!!



ちなみにE5003+E5004の側面には、こんなシールも。朝のはただ単に走っただけでは無くて、イベントのPRも兼ねていました。走る広告塔ですね。



モーターカーや保線車両たちもたくさん展示されていましたが、AE100と2100のインパクトが強すぎて…(^-^;
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/589-930fc9b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)