> 私鉄屋雑記帳 in川和…って、横浜市民でもどこか分からない人が多いのではw
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー

※ただいま整理中です※
カテゴリーに沿わない記事が引っかかるかもしれません…。



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



in川和…って、横浜市民でもどこか分からない人が多いのではw
こないだの土曜は、我が地元のグリーンラインで「はまりんフェスタin川和」と題したイベントが行われたので見物してきましたー。



会場は、川和車両基地!!

事前応募制の見学会はこれまでに何度かありましたが、フリーで入場できる今回のようなイベントは開業以来初めてですね。
三条も、ここへ入ったのは今回が初めて。近くて遠い場所でした(笑)





普段はホームドアに囲まれていて、あまり全体像を拝めない10000系たち。
一応、グリーンラインには日本のリニア式地下鉄で唯一営業路線上に地上区間があるのが見どころなんですが(と、地元民が軽く宣伝してみるw)こうして間近で観察できるのはイベントならでは。
中間車の妻面とか、物凄く新鮮なアングルですvv





モーターカーたちも会場内を走り回っていました。







車両撮影会では1形式しか居ない代わりに、LEDやへッドマークで変化を付けていました。
左から第4編成「普通 川和町」90周年マーク付き、第9編成「団体 センター北」、第5編成「臨時 日吉」。見事にネタ表示のオンパレードwww
ただ、それぞれ行先のところは路線名と交互に表示されるので、撮影するタイミングを見計らうのが難しかったですね。特に3編成全ての表示を行先で揃えて撮ろうとすると、その揃う瞬間というのが1秒くらいしか無く…。ファインダーでは揃ったか!と思って確認してみると、あ゛ぁ「団体 グリーンライン」になってるよ…あ゛ぁぁ今度は「臨時 グリーンライン」に(ry  



部品即売会ではブルーラインの路線図が大量に…。
あれ?これがここにあるってことは、デザインが変わったんですかね。ここ暫く青い方には乗る機会が無くて、現行のがどんなだったか思い出せない(^-^;



オリジナルの記念乗車券を発券するブースも。
駅名と日付、番号を自由に設定できる(但し、駅名は市営地下鉄の実在する名前のみ)というワケで、遊んでみましたwww



帰りは、車庫→川和町間で臨時電車が走りました。あの出入庫線に乗れちゃうんです!



どちらも回送表示ですが、14時ちょうど発の便は第3編成(右)が担当。昼間、洗車体験で車庫内を行ったり来たりしていた編成です。



車内のLCDも回送表示。本日に限り”ご乗車いただけます”よ。





出入庫線は距離こそあまり無いんですが、その短い距離で地上にある車庫から高架の営業線まで一気に駆け上がるので、まるでA6(街づくりゲームのアレ)の勾配レールみたいだなーと思いながら、いつも車窓から眺めていましたwww
実際に乗ってみると、とてもスムーズなんですね。あの急勾配は、お客さんを乗せない区間だから大丈夫なんだろうとか考えていましたが、お客さんが乗っていてもスイスイ登ってしまいました。さすがリニア式地下鉄!





3分ほどで川和町に着きました。って、乗務員用ホームですよここ!?
一旦引き上げ線まで行って旅客ホームに入るんだろうなーと思っていたら、まさかここへ降りられるとは…。ホームドアが無いことの違和感もそうですが、その狭さが、ね。かつての阪神春日野道も真っ青なのではないかというレベル(笑)
ホームの有効長も短いので日吉寄り2両はドアカット、出口は駅の事務室から…という、よくぞこんな企画が通ったなと思うほどの出血大サービスっぷりでした。



ちなみに川和町~車庫間では臨時電車の他に、90周年ヘッドマークを付けた無料の送迎バスも運行されていました。
会場でも路線バスやデビューしたばかりの赤いツアーバスなんかが展示されていましたが、三条の食指が動かなかったので端折ります(笑)

関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/587-3ab58108
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)