> 私鉄屋雑記帳 流鉄に”赤い電車”が復活。
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



流鉄に”赤い電車”が復活。
八戸から帰って来た日、流鉄の甲種があったので夜行バスを降りてチョクで北朝霞へ…



おぉ…なんか遠鉄のクルマに見えるよ(笑)
これ、もうかれこれ1週間以上も前の出来事なんですねー、記事に全く新鮮味がないのはいつものことですスイマセン(汗;

今年の5月に引退した若葉号の代替として、新101系2両が流鉄へ渡りました。赤いデザインは、10年前に引退した1300系「あかぎ」号以来。
今回の譲渡でもって2連ワンマン車が一通り出揃うことから、このチャンスを逃すと今後数年間は(ヘタすると10年以上…?)車両の動きがないと思われ、何としてでも記録しておきたい列車でした。



途中で国鉄色!のDEに付替えて、馬橋支線へ入線する新101系。ここは電機もばんばん通っている区間ですが、馬橋駅構内の入換線が非電化なのだそうで。
気がつくと撮影地の跨線橋はテツで溢れ返っていました。DJネタとは言え、やっぱり東京は人が多いなぁ…と弘南へ行ってきたばかりで、余計そう思いますね(^-^;



振り返ると、怒涛の3色並びが実現していました!!

右から営業中の青(青空)、牽引用として回送されてきた黄(なの花)、そして新入りの赤(あかぎ?)…信号ですかwww



流鉄線内は「なの花」牽引の4連!普段は、まず増結をしない会社なので混色重連は新鮮です。





黄「久しぶりだな!」

赤「兄さん!?」

黄「…はて、そのピンク色のステッカーは何だい、ブラザー?」


何故か女性専用車のステッカーを付けたまま流鉄へやってきた弟君www
行先や愛称表示も入っていないので、デビューまでは今しばらく時間がかかりそうです。
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

その昔、1300形『あかぎ』が入線してきた時も、流鉄線内を牽引したのは『なの花』でした。もっとも、当時は1210形の『なの花』で、西武線では同じ形式だった者同士でしたがw

現在、ワンマン運転の改造工事を実施中です。完成・営業開始は年明けになる事でしょう。

11/6に行われるイベントでは、ひょっとしたら間近で見られる位置に留置させるのかもしれません。
【2011/10/29 13:01】 URL | DAKE #- [ 編集]


どうも!コメントありがとうございます。

なんと20年前にも同じ組み合わせが実現していたとは…。
5000系「流馬」のときも「なの花」牽引でしたので、ひょっとすると新車のエスコート役は必ず歴代「なの花」がやる、と決まっているのかもしれません(^-^;

あの小さな流山車庫では電車を隠す場所も無いので、ほぼ間違いなく整備中の様子が見られるでしょうね(笑)
【2011/10/30 20:58】 URL | 三条イツキ #wgmg.h4A [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/585-9df13466
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)