> 私鉄屋雑記帳 突然決行!みちのく東急電車巡り 番外編
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー

※ただいま整理中です※
カテゴリーに沿わない記事が引っかかるかもしれません…。



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



突然決行!みちのく東急電車巡り 番外編
帰りは八戸界隈をうろうろしてきたので、最後に番外編です。



長いホームにポツンと止まる2両編成の普通電車…。
またも新幹線の愚痴になって申し訳ないのですが、この並行在来線問題も頂けないですね。
新幹線のルートから外れ、JRの駅ですら無くなってしまった三沢の悲惨さたるや…特急が来なくなったばかりか、在籍する編成数も相当切り詰められていて、青い森鉄道に原則2連以上の電車は走っていません。



さきの震災で、種市から先は運休しているJR八戸線。サボの張り紙が痛々しいです…。

それにしても、三沢から八戸市街へ行こうとすると運賃がアホみたいに高い。市街地の最寄りが本八戸なので、青い森鉄道とJRの初乗りを両方払わされてしまうのが原因で、割高に感じるんですね。
ホント、3セク化は利用者にとって全くと言って良いほどメリットが無いですな。青い森鉄道の駅には「青い森鉄道に生まれ変わります、よろしくお願いします」なんて横断幕をそこらじゅうで見掛けたんですが、なんだかなぁ…「(運賃高くなるけど)よろしくね」って感じで、車体に描かれたモーリーの笑顔ですら腹黒く見える(笑)
そうか、お前はそういうキャラか。



今回は本八戸ではなくて、一つ手前の長苗代というところで下車しました。
この駅のすぐ右隣りを八戸臨海鉄道という貨物線が通っているんですが、残念ながらこの日は休日だったので運休です。
…と言っても、今回はこの八戸臨海がお目当てではありません。東京へ帰る夜行バスが十鉄の北里大学前駅か八戸駅発で選べたんですが、日が暮れるまで十鉄に居ても動いているのは1編成だけだし、あんな何も無いところで(失礼!)待っていても仕方がないので、八戸発のチケットを買いました。それで、夜まで適当に時間潰しができればいいなーというワケで、



まずは有名な撮影地、馬渕川橋梁へ。
八戸線は、今のところキハ40系列しか走っていませんが(あのリゾート列車はどうなったんだろう…?)更新の有無で、塗装が2種類あります。ちょうど写真の編成は前後で混在していて、顔の上半分が赤い先頭車が更新車です。
ただ、更新と言ってもエンジンを換装しただけで、未だに冷房すら付いていませんが(^-^;
今どき本州のJRで冷房化率0%の路線なんて、他にあるでしょうか…。

ところで、この馬渕川には八戸線に並行してもう1本、鉄道の橋が架かっています。それも鉄橋を渡りきる手前で約90度北側へカーブしているという、なかなか他所では見かけない造り。ちょうどキハの後ろでヘンな向きをしたトラス橋が写っていますね。
ちなみに八戸臨海は川を渡らないで北進するので、それとは別の路線です。





謎の支線を追っていくと、こんな広いヤードが出現します。ここ最近使われた形跡がないのに、設備はムダに立派…
それもそのハズ、実はこれ米軍の施設なんですね。ここから、あの三沢基地へ燃料を運んでいたそうです。今では南武線名物の米タンが、かつては”南部”でも走っていたというワケですwww

ここの他にも本八戸から分岐する高架の廃線跡があったりして、八戸は廃墟、廃線跡マニアには堪らん街ですなぁvv







でもって八戸と言えば南部バス!
北海道遠征のついでに八戸営業所を訪れて、ずらりと並んだモノコックバス達に衝撃を受けたのも、かれこれ4年前の話。今回は、ラピアというショッピングセンターに併設されたバスターミナルで観察してみましたが、この間で随分置き換えが進んでしまったらしく、ノンステの多いこと多いこと…orz
モノコックは1台も現れず、今回見かけた中で一番の年代モノは、この中扉が引戸になっているタイプのキュービックバスでしょうか。それでも、他所の街ではなかなかお目にかかれない絶滅危惧種ですね。



ラピアで夕食をとった後、本八戸までバスで…と思ってたんですが、この10月1日から市内ならどこまで乗っても上限300円という社会実験を行っているそうで、それならばと八戸駅まで乗ってみることにしました。
日曜ダイヤは終車が早く、19時台の最終3本に狙いを定めてみたところ、2本目の19:42発でキュービックバスが登場!しかしコイツはちょっと新しい型のようで、行先表示がLEDになっていたり、内装も板貼りではない…でも次の終車がノンステだと余りにも悲しすぎるので、変な賭けをせずに大人しく乗りました(^-^;

ちなみにこちらのブログさんによると、今年2月の時点で稼働中のモノコックバスは八戸、五戸営業所に各2台、三戸営業所に1台のみとなっているようです。
全ての営業所からかき集めても、たったの5台しか居ないのか…いや、この時代に5台も残っているということは奇跡なんですよね。
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/584-6a71a5e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)