>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

突然決行!みちのく東急電車巡り #1
弘南鉄道の6000系が、今月15日に行われる鉄道の日イベントでもって実質引退というウワサを聞いて、急遽弘前まで遠征して来ました。
6000系は予備車になってからも愛好家グループが何度か貸切列車を走らせていて、広く参加者を募っていたので一度は乗っておきたいな、と前々から思っていたのですがなかなか参加できず…
この日は鹿島臨海の神栖へ行くつもりで休みを死守していましたが、もう二度と乗れないとなれば何が何でも弘南へ行くっきゃない!というワケで、最後の最後で滑り込みです(汗;





大鰐線はJR弘前から徒歩20分ほど離れた中央弘前という駅から発着しています。新宿から乗った夜行バスは当然JR側に着くので、朝っぱらから良い運動になりますねwww
”中央”と名乗るクセに商店街の路地裏のような、ちょっと見つけにくい場所にあって、なかなか怪しいムードが漂っています。



7000系の車内。弘南鉄道は日本で唯一冷房車が1両も無い地方私鉄で、新しい感じのコイツでも冷房は付いていません。
銚子のアレは一応冷房車ですよね使ってないけど(笑)



ほぼ東急時代の姿を保っているなかで、目立つのがこのリンゴ吊革
ハート型はレア。



弘南鉄道は初めて乗ったので、ロケハンも兼ねて終点の大鰐まで乗り潰し。



イベントが始まる頃を見計らって津軽大沢へ。



メインの6000は…なんと前面の帯を外して、なんちゃって東急仕様になっていました!
うーん、実にシンプルなデザインですねー。設計当時はアメリカの地下鉄を意識していたのか、何だかニューヨークで走っていても違和感無さそうw

行先表示は2編成前後で数分おきに変更され、かなりのバリエーションがあるので、以下ピックアップしてお送りします。



まずは…って、いきなり元町・中華街www
コイツが東横線を走っていた頃は、まだみなとみらい線はおろかランドマークタワーも着工すらしていませんでしたが、どうやらあちらの世界では大井町線へ転属されず、そのまま今も東横線で活躍しているようです(冗談)



続いて、二子玉川と快速千年行き。
武蔵野貨物線が旅客化して東横線が直通することになり…ってスイマセン、ネタがローカル過ぎますね(笑)



逆サイドは急行渋谷行きになっていました。



そして…出ました、定番の桜木町!!



6006号には運用番号表示も復活!
急行サボを付けているときは50番台、大井町線の幕では100番台を表示するなど、細かいところまで忠実に再現されていました。



ちゃんと側面にも急行サボが!
このサイドビュー、無数のコルゲートが如何にもステンレス黎明期の作品という感じでカッコイイですね。



6000の車内では、写真展や鉄道部品の展示が行われていました。
午後の臨時列車では当然撤去するもの…かと思いきや、飾ったまま走らせていてビックリw



こちらの吊革はリンゴ化されていません。
しかも「東横お好み食堂」東横店の8階って、今はイベントスペースだったような…こないだ北海道フェアをやっていたのが8階だったハズ。



ウサギに食われる整理券発行機の図。
会場では「ラッセル君」というゆるキャラが練り歩いていましたが、こやつは新ジャンル”怖かわいい”系キャラですなwww







ついつい6000系の方に目が行ってしまいますが、ラッセル車のED221+キ105やホキ、青帯の7000系も展示されていました。
関連記事
スポンサーサイト

北海道・東北地方の鉄道 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2011/10/18(火) 20:20 ]

<<突然決行!みちのく東急電車巡り #2 | ホーム | 首都圏の車扱貨物2011 #3 ~さよなら東亜石油専用線~>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/581-e894ecea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


copyright © 2018 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania
まとめ