>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

セキ6000を台鉄っぽくする。
久々の模型ネタです。
先週は毎年恒例の日比谷公園へ行ったあと、mnさんのお誘いで某模型店主催のバーゲンイベントへ参加して来ました。



そこで定価の半値以下で投げ売りされていた、中古のセキ6000を2箱購入~。
これをどうするのかと言うと…



台鉄の”煤斗車”風に改造しますwww






はい、こんななりましたー。
改造と言っても、黄帯と所属表記を消しただけで作業途中の写真もクソもありません。ものの20分くらいあれば出来上がり!
よーく目を凝らせばセキや厚狭駅常備というレタリングが読めちゃったり、全体のサイズも一回り小さかったりするんですが、あくまでも雰囲気重視です(^-^;
実車の標記類も日本の国鉄フォントと一緒なので、遠目には違和感がありません。





台湾型の機関車を持っていないので、姿カタチの似たユニオンパシフィックのSD7が牽引している風に仕立ててみました(笑)
こんど台湾へ行ったら、機関車買わなきゃな…。

セキのカプラーは、前の持ち主さんがKATOの自連型へ交換していて、アーノルドカプラーのSD7では牽引できませんが、逆に台湾型とは互換性があります。



ちなみに日比谷公園では阪急3000の鉄コレを買いました。
京阪、大交はmnさんの戦利品ですw





GMの阪急電車と比較~。やっぱりGM製は一回り大きいですね。真正面から見ると神宝線と京都線か!?っていうくらいwww
…ただ、不思議なことに車体長は鉄コレの方が長いんですよ。

相変わらず値段の割にクオリティが高い鉄コレですが、やや残念なのが側面の窓サイズ。鉄コレの方は窓の天地方向が若干大きいのか、窓と屋根との間が浅く見えますね。
そう考えると、GMは古い製品にも関わらず良くまとまっています。さすが2000から8000系列まで、殆どのバリエーションが作れてしまう魔法のキットです(笑)
関連記事
スポンサーサイト

鉄道模型 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2011/10/13(木) 00:58 ]

<<首都圏の車扱貨物2011 #3 ~さよなら東亜石油専用線~ | ホーム | 首都圏の車扱貨物2011 #2 ~消えゆくワムハチ~>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/580-26960873
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


copyright © 2018 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania
まとめ