> 私鉄屋雑記帳 秩父鉄道でPPを撮る!
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー

※ただいま整理中です※
カテゴリーに沿わない記事が引っかかるかもしれません…。



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



秩父鉄道でPPを撮る!
といっても先週の「ちちぶ」号ではありません。
こないだF-Trainを撮っていたら、望遠レンズの調子が悪くなってしまって(だから前回の記事の写真は広角ばっかりなんですよ…)それも故障というよりか接触不良的な一番タチの悪い感じで、診てもらおうとすると、けろっと何事もなかったかのように直りやがります。
そんなんでレンズが言うこと聞かんわ、日曜は休日出勤だわで撮りに行けなかったんですが、昨日は運よく7500系の甲種2日目と休みが重なったので、相棒の機嫌を伺いつつ念のため望遠の効くコンデジを忍ばせて出撃しました。

…あ、ちなみに社線内では”甲種”と言わないそうですが、便宜上こう呼ばせてくださいな(^-^;



初っ端、熊谷→明戸でオリジナル色の1000系に当たりました!
1000系も半分の6本にまで減ってしまったので、なかなか運が悪いと巡り合えないんですよね…。



まずは三ヶ尻~武川のアウトカーブで一枚。さすがに6連+デキ×2は長いですね~!
熊谷ターミナルから広瀬川原へ向かうには、途中の武川でスイッチバックする必要があるのでプッシュプルになります。



今回のカマは三峰方102号、羽生方501号。
自走していないとは言え、三ヶ尻線を電車が走る姿は新鮮ですねー。

さて武川でスイッチバックしている間に、そそくさと本線へ先回りしましょうか。と言っても分岐付近で撮っていたので、移動距離は100メートルほどなんですがw



本番の前に、復活したオレンジが来ました。
以前イベントで何色に塗るか募っていましたが、結局この色に落ち着いたようです。さすがに南武支線色は却下されたか(笑)



でもってプッシュプル甲種。やっぱり長いぞ!
こないだの「ちちぶ」号ですら客車4両+デキ×3なので、それを上回るド迫力です。



もういっちょ広瀬川原まで追っかけ。
明戸→大麻生の一区間だけ乗ったら、今度は青いのが来ました。



広瀬川原に到着した東急8090改め7500系ご一行様~。
一方、パレオ客車を挟んで左側に停まっている1008編成は、7500の導入に先立って休車扱いだそうです…。



ここまでの任務を終えた2台のデキ。暫くすると重連で帰ってしまいました。
それから数分間動きがなかったので、今日はこれでお仕舞いなのかなぁ…と撤収しようとしたところ、突然車庫のシャッターがガラガラ~っと開いて、



なんか出てきたーwww




以前イベントの時にも大活躍していたスイッチャー君、D15形です!















ざーっと、こんな感じの流れで3連2本の7500系を分割、架線の無い奥の留置線へ押し込んで行きました。ステンレスの新車と黒い2軸貨車スム4047のギャップが堪らんですねーvv
数十年前までは、国鉄でもこんな感じのちっちゃい控車や車掌車が甲種のとき引っ付いていたようですが、現代では2軸貨車自体レアなので、ついついスムの方へ目が行ってしまいます(笑)

それにしてもなぜ広瀬川原のスイッチャー君は、いつもスムを従えてるんだろう。実はこのなかに蓄電池が入っていて…って、それは三井三池かwww



稲穂揺れる明戸~大麻生を行く復活オレンジ。もうすっかり秋ですね。
この日は1000系の稼働率が高かかったので、同じ場所で茶色や黄色の旧塗装も撮影できました。



熊谷の留置線に停まっていた「長瀞駅100周年記念」マーク付き7500系とオリジナルの白い1000系。
3番編成がオレンジに塗り替えられて8番も休車になったので、実はオリジナルカラーの1000系って、朝に乗った10番と写真の5番しか残ってないんですよ。しかも2本とも今年度中に検査を迎えることから、もうすぐ全滅してしまうと見て間違いないようです(汗;
まぁ数的にはとっくに下克上を起こしてたんで、何をいまさらという気もしますが、どうも実感が湧かないですね。未だにリバイバルに遭遇すると、お!ってなります…。
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

橙色の101系(秩父1000系)を見て、思わず、

 方向幕「羽生」の“羽”を、

   “福”に書き換えたいナ~

……と思った紅玉は(勿論、現実に福生折り返しは無かった筈ですが)、脳味噌が腐っているかも知れません(苦笑)。

あと、控車代わりに今も在姿の「スム」にも血涙もの……。
生石灰の粉にまみれて現役だった時代を見てみたかった。
(紅玉は、国鉄の「テラ」は見た記憶がありますが……)
【2011/10/02 06:23】 URL | 紅玉国光 #xTjF.3u6 [ 編集]


どうも~コメントありがとうございます。

やはり国鉄の通勤電車といえば、この色、このカタチですね。
特に中間車は冷房すら付いていないので、ほぼ登場時と姿が変わっていません。青梅線を連想させてしまうのも無理はない…でしょう!

【2011/10/04 23:09】 URL | 三条イツキ #wgmg.h4A [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/578-1f8c3d66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)