> 私鉄屋雑記帳 首都圏の車扱貨物2011 #1 ~世代交代進む安中貨物~
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー

※ただいま整理中です※
カテゴリーに沿わない記事が引っかかるかもしれません…。



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



首都圏の車扱貨物2011 #1 ~世代交代進む安中貨物~


台鉄の貨車が好き過ぎて堪りません。
あの黒くてゴツくて昔気質な台鉄の貨車たち…しかも、その殆どが車扱で車掌乗務!あぁなんて楽園なんだ台鉄!!

そういえば我が国JRの車扱貨物って、今どのくらい残っているのだろう?…と、ふと台湾に行ってから思いました。地元の横浜は恵まれた土地で、石油の聖地根岸へ行けばタキを嫌というほど見られたり、ワムやホキの通り道だったりするんですが、それでも大多数を占めているのはコンテナ車…。そこで首都圏を発着する車扱貨物を、自分への備忘録も兼ねてリストアップしてみました。
例によって少し古い写真も混じっていたりしますが、ご了承ください(^-^;


***




まずは東邦亜鉛の専用貨物列車、通称「安中貨物」から。
いわきの小名浜から工場のある安中まで1日1往復、亜鉛の原料や生成途中の半製品などを運んでいます。特に往路は真昼間の常磐線→高崎線を走行するので、注目度もバツグンに高い列車です(復路の返空は深夜)



基本的に毎日運転される安中貨物ですが、日によってはトキだけだったり、単機だったりします。
カラフルなコンテナ車が行き交うなかで、この渋~い専貨はとても目立ちますね。



安中貨物は今がちょうど過渡期でして、今年春の改正から牽引機がEF81からEF510へ変わり、タキ15600についても置き換えが始まっています。



これが今までのタキ15600形。昭和44年に製造された年代モノです。



でもってコイツが新入りのタキ1200形!シルエットは15600とそっくりですが、車体色は汚れを目立たなくするためか、これまでの黒から茶色になりました。
…それにしてもツヤッツヤで模型みたい(笑)



今のところ新旧混ぜて使われ始めていますが、全てを置き換えるまでには至っていません。ただ既にタキ15600と同数が出揃っているので、本格的に走り始めるのも時間の問題という感じでしょうか。
何れにしても今どき珍しい専貨用の新車が入ったワケで、これで当分の間は安泰ですね。
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
亜鉛焼鉱輸送は健在!!
タキ15600形による亜鉛焼鉱輸送は、かつて北陸本線でも敦賀~黒部間で行われておりましたので、紅玉にはとても懐かしい存在です。ただ、こちらは輸送量の減少により姿を消してしまいましたが……;
組んでいたトキが25000形ではなく、スライド屋根付に改造されたトキ23900形で、
「屋根が付いている“有蓋の無蓋車”とは、コレ如何ニ~?」
と、首を傾げたくなった(笑)のも忘れられませんが。
小名浜~安中輸送はトキに続いてタキも新車置換えにより存続する様で、先ずはめでたい限りです。
(セメント輸送の“逆モーダル・シフト”は今尚、苦々しい思い出ですので……)
【2011/10/02 12:11】 URL | 紅玉国光 #xTjF.3u6 [ 編集]

追記
冒頭の写真、台湾の「ワフ」も良いですね~。
今でも「ヨ」ではなく「ワフ」なのは、荷物車の様な用途を兼ねているからでしょうか?
(現代でも、宅配便の役割を局地的に肩代りすると云った役割があるのか)
我国で言えばワフ21000・22000形辺りのコピー(デッキ周りはワフ29500形程度に近代化?)らしいですね。台湾ならストーヴは不要なのか。
黄色ゼブラ模様の警戒色は、東武の「ヨ」を思い出せますし。
【2011/10/02 12:18】 URL | 紅玉国光 #xTjF.3u6 [ 編集]


北陸の貨物列車たちもコンテナ化されて久しいですが、速星や二塚貨物などローカル輸送も根強く残っていて興味深いですね。

台鉄のワフですが、郵便小包を鉄道で運んでいたりする国なので、そういった用途もあるのかもしれません。
「専用守車」と呼ばれる日本の”ヨ”や、”トフ”タイプのクルマも居て、とにかく専貨フェチには堪らない環境です(笑)
【2011/10/04 23:12】 URL | 三条イツキ #wgmg.h4A [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/570-d2aa7b1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)