> 私鉄屋雑記帳 房総の湘南色。
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー

※ただいま整理中です※
カテゴリーに沿わない記事が引っかかるかもしれません…。



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



房総の湘南色。


先日、幕張区の117編成が北長野送りになったそうなので…今年の5月初めに走った、湘南色の10連をupしたいと思います(もしかしなくても、撮るだけ撮ってupしそびれてたネタです^-^;)





長ぇぞ!!

東海道の15連には及びませんが、今どきのステンレスカーには無い重厚感が堪りません。コイツは”列車”って感じがしますね。



この奇跡の10連は廃車前の走行距離調整だったようで、6連方のS62編成は分割された直後に運用を離脱しました。
これまでにも何度か湘南色10連が発生しているのですが、所定209の運用をわざわざ代走、しかもゴールデンウイークの真っ只中に…というのは、軽く狙ったとしか思えんwww



元国府津電車区のクルマは、車内がほぼオリジナルなのも良いです。
堅実な造りをしたボックスシートに淡い緑色の落ち着いた化粧板、頭上には無駄にでっかいドアエンジンのハコ…あの中には一体何が入ってるのか気になって仕方がなかった、という幼いころの思い出。私鉄慣れした三条にとって、偶にしか乗らないJRは不思議がいっぱいでした(笑)



これは、また別の日。銚子電鉄へ行った帰りに、千葉駅で遭遇した湘南色+スカ色の10連です。
いま幕張区に残る113系は4連9本のみだそうで、もう113系だけで10連を組むこと自体できなくなってしまいました。房総半島のスカ色たちも、いよいよ最終章へ…
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/550-6b1e06b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)