> 私鉄屋雑記帳 忍者に化けた東急電車。
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー

※ただいま整理中です※
カテゴリーに沿わない記事が引っかかるかもしれません…。



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



忍者に化けた東急電車。
近鉄伊賀線が経営分離して早3年。本線のクルマと規格が違うのでそのまま使うことができず、かと言って他社の中古を買ってくる…というのは大手私鉄のプライドが許さなかったのか、それとも端っからヤル気がなかったのか(笑)オンボロ電車のまま放置されていた近鉄時代。さすがに50年モノを使い続けるのは難があり…。
そんな伊賀鉄道へ現れた救世主が、まさか東急1000系になろうとはwww
860系自体は2009年の夏に一度訪れて思う存分撮ったんですが、全部置き換えられてしまう前に、この東急車と近鉄車が混在している姿も押さえておきたいなぁ~。ということで、大阪へ帰る途中に寄り道してきました。



うわ、初っ端現れやがったな!撮り鉄の宿敵「名〇コンサルタント」!!
伊賀鉄道を始め、三岐、湯の山、内部、八王子などなど…三重県下でヤツの餌食となったクルマは数知れず。それは東京からやって来た新米も例外ではなく、「今日からお前も名〇コンサルタントだ~」と、ド派手なラッピングを強要させられています。



でもそんな憎き名〇ラッピングも、こうやって田んぼの中をコトコト走る東急1000、改め200系が纏っていると、なんだか必死に土地へ馴染もうとしているようで、可愛らしくも見えますねwww





上林付近で撮り歩き。
…ところが、やってくるのは200系ばかり。そこで持参したダイヤグラム(テツに優しい伊賀鉄道さん。なんと公式ページで業務用のダイヤグラムがダウンロードできますvv)を辿ると、どうやら日中の伊賀神戸~上野市は忍者とコンサルタントの2編成で運用を回しているらしく、狙っていた200系と860系の交換は、夕方に860が出庫しない限り撮れないことが判明orz マジかよ!
ただ伊賀上野~上野市のピストン輸送で860が動いている可能性もあり、最悪の場合でも車庫に止まっているクルマと絡めて撮れるので、とりあえず上野市へ行ってみることにしました。



200系の車内。
そういえば、部分的にクロスシートへ改造されたんでしたね。京阪の発生品(!)だそうで、各車両とも運転席の方を向いて固定されています。床も石畳風のシールが貼ってあったり、ドアに忍者がいたりして観光利用も意識した造りになっていますが、ちょっと中途半端な感じも否めないです(^-^;
伊豆急のもそうですが、向かいのロングシートに座ると気まずい座席配置は、なんとかならないかなぁ…と。



忍者三並び!!!

…あ、あと柱にももう一匹います。そういえば柱の忍者さん、2009年のときと向きが逆だったりwww



というワケで、伊賀上野行きも200系でした…orz 
200系が本線に出払っている分、車庫は860系だらけ。在籍車両は200系4編成8両、860系3編成6両なのに対して、運用数は日中3本、ラッシュ時でも4本(?)がMAXなようで、本当に運が悪いと一日中待っても200系しか動いていない可能性もあるんですね(汗;

…いや、ある程度置き換えが進んでいるだろうな、というのは薄々感じていました。でもね、本音を言うと毎度まいど登場するデザインがアレ過ぎて、なかなか食指が動かなかったんですよ。標準塗装(って、やっぱり紫帯…なんでしょうか、CI的に)が出たら行こうかな♪と様子を見ていたら、一向に出る気配が無いというwww 



だからもうセンスどうこうの問題じゃなくて、怖いっつーのwww
一応これ「ふくにん」という伊賀鉄道のゆるキャラ(?)をあしらったラッピングなんですが、このデザインは軽くホラー狙ってますよね。

で…本題は、その隣。パン上げで待機している860系マルーン!これはもしかして夕方の出庫便はコイツなんじゃないか!?と踏んで、



交換駅の猪田道へ先回り。
まずは、交換相手の名○コンサルタント(笑)がやってきました。この時間帯はパターンダイヤが崩れるので、猪田道で5分ほど停車時間があります。





マルーン来たー!!!

そう、この絵を撮りたかったんですよ!シックなマルーンと、ラッピングの対比もスバラシイ!!
東急時代は”小ぶりな車両”だった1000系も、もう一回り小さい860系と並ぶと大きく見えますね。導入に合わせてホームを削った、というのも納得です。



今度は忍者の200系と交換するシーンを撮りに、茅町へ。
まずは200系同士の交換…なんですが、微妙に顔つきが違いますね。右のクルマは中間車を先頭化改造したもので、貫通路っぽいのは飾りだったりしますwww
わーそっくり過ぎてどっちが本物か分かんないー(棒読み)

たった4編成8両の200系ですが、タネ車の違いを含めて「9000系顔タイプ」、「中間貫通路タイプ」、「なんちゃって貫通路タイプ」と、すでに顔だけで三形態あります。



でもって、本命の860と200の交換!!



帰りは青い忍者でした~。コイツ、昼間は上野市~伊賀上野間を往復していましたが、夕ラッシュに入ると分断が解かれて、こちら側にも入ってきます。

今回は辛うじて1本動いた860系ですが、今の本数では運が悪いと200系ばかり…ということも十分あり得ます。過渡期の姿を狙うには、今が最後のチャンスですね。
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/538-c4ae161e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)