>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

二枚看板祭りだった5月。
先週、久しぶりに大阪へ帰ってました。
震災から初めて東電エリアの外へ出たんですが、街のネオンも電車のクーラーも当然いつもどおり。なんて明るいんだ!…いや、東京が暗くなったのか(汗;
こちらへ帰ってきて、これほどホッとしたのは初めてかもしれない…。

***

ホッとしたところで、まずは地元の阪急ネタから。
阪急では、今津線を舞台にした3100系主役の映画(違www)「阪急電車」をPRするため、4月7日から5月31日までの約2ヶ月間、一部の編成にヘッドマークが取り付けられました。映画に出演した3058編成にもマークが付いたんですが、この編成は方向幕の無い、いわゆる”板車”ということで…



久々の二枚看板に!



くぅ~、なんと凛々しいお姿!!二枚看板、実車を見たのは何年ぶりだろう…。

あ、能勢電のイベントで見掛けた2枚看板は反則ですかwww



今津線の”板”は、かつて本線で使われていたのと同じブックタイプ。普段使っている「宝塚-西宮北口」の他に、競馬開催時の臨時列車「仁川-西宮北口」が入っています。
編成も他の板車が4連なのに対して6連と、ちょっと特別な存在だった今津線の板車ですが、9000系の増備とともにじわじわと数を減らしていて、今では写真の3058編成が最後の1本となってしまいました…(泣;;



映画「阪急電車」の公開後すぐに3070編成が離脱して以来、孤軍奮闘する3058編成。これは偶然ではなく、映画の撮影の為に廃車を1年先延ばししたそうで、コイツだけ意図的に残しているようです。
今月に入ってからも、ヘッドマークを外して普段着姿で運用に入っているとのことですが、既に後釜の9004編成が正雀入りしていることから、記録はお早めに…。



「阪急電車」のマークは一部の幕車にも取り付けられていて、宝塚や京都線系統でも見ることができました。





一方、箕面線でも「みのお川床」のヘッドマークが付いて二枚看板になっていました。こちらは毎年恒例なんですが、今年は「阪急電車」の方が目立つので影が薄いですね(^-^;



板車同士!!

ヘッドマークは前後1組みしか用意されていないらしく、日によって取り付けられる編成はランダムです。



また今年の4月には、伊丹線の3080編成と箕面線の3157編成をトレードしたそうで(どちらも大して変わらないのに何故!?)ここ暫く3100系で揃っていた箕面線で、3000系を見ることができるようになりました。
今回は残念ながら運用に入っている姿を激写できなかったので、伊丹線時代の写真でお茶濁し。右側、回送板のヤツが3080編成です。
今津線亡き後は、箕面、伊丹の2線区が板車最後の砦になりますね。



昔の写真を掘り起こしたついでに、もう一枚…箕面線の機織り運用を代走する5100系4連です。
箕面線は、この代走とラッシュ時の梅田直通便を除いて全て板車なので、方向幕の「石橋-箕面」表示が逆に新鮮www
関連記事
スポンサーサイト

阪急 | トラックバック:0 | コメント:2
[ 2011/06/01(水) 20:04 ]

<<3ヶ月間の助っ人 | ホーム | 1000形の為に行ったといっても過言ではない。>>

コメント
まってくれ。。。た、たのむ!!!

鉄コレ、発売目前にして。
23日・・・。
廃車回送・・・・・・・・・・らしい。正雀へ。(><


URL | Mu. #CnwbxUkc | 2011/09/26(月) 22:22 [ 編集 ]

どうも~コメントありがとうございます。

そのようですね。
最後の最後で映画に出演して、延命まで施されて…幸せなクルマだったなぁと思います。
残った箕面、伊丹線の板車たちも末長く活躍してほしいところです。
URL | 三条イツキ #wgmg.h4A | 2011/09/28(水) 23:55 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/536-5f71acae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


copyright © 2018 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania
まとめ