> 私鉄屋雑記帳 台湾で鉄路迷! #13 ~烏樹林のSL列車~
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー

※ただいま整理中です※
カテゴリーに沿わない記事が引っかかるかもしれません…。



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



台湾で鉄路迷! #13 ~烏樹林のSL列車~


ちょっと間があいてしまいましたが、台湾で鉄路迷!シリーズ、今回は烏樹林製糖の乗り鉄編。SLに乗っちゃいます。



どこの国でもSLは人気者!
土日は9:30~16:30までの間、毎時1本走っている観光列車のうち、10:30発のみSLで運行されています。窓口で「”蒸汽火車”に乗りたい」という旨を伝えて切符を買ったんですが、どうやら切符に列車の指定は無く、SLでもDLでも100元(約300円)のようです。
DL牽引に比べて人気の高いSLは、この日もほぼ満員。混雑しそうな場合は、早めに行った方が良いかもしれません。もし満員になった場合は続行便を出すこともあるようですが、SLは一台しかないので必然的にDL牽引になってしまうのでご注意を(汗;



烏樹林の駅長さんが出てきて、出発進行!

…した直後に緊急停止!!
駅を出てすぐの踏切で止まってしまいました。まさかの事故か!?と思いきや、なんとここへ来る予定だったツアーバスが渋滞で遅れていたようで、踏切へ横付けしたバスから団体さん御一行が「ふぅー間に合った、間に合った…」とばかり、わらわらとSLに乗ってくるという…いや全っ然、間に合ってないからwww
烏樹林は不便なところにあるので、ツアーで来るのが一般的なようですが…(^-^;



さて。気を取り直して、もう一度…出発進行!!



烏樹林で一番のハイライト区間はココ。幹線道路と交差する前後の区間、数100メートルが併用軌道のようになっています。SLが路面をゴロゴロと走る姿は圧巻!



幹線道路を横断中~。
線路と直角に交わる側の道路には遮断機も付いているので、巨大な踏切(?)という扱いなのかもしれません。



30分ほど走って、終点の新頂ヒ(土へんに卑)駅に到着。
まわりは何もないところなんですが、列車で来るお客さんのために駅ナカの屋台村が!



折り返しの時間は屋台で暇潰してねー、というシステムらしい。ほんと、台湾の屋台好きは異常(笑)
ちょっとランチには早いですが、三条も軽食を…

買おうとして、ふと気付く。ここが終点ということは、





機回し作業があるので、テツは呑気にメシを食っている暇も無いというwww

ところで、この観光列車。初めは1列車でやり繰りしてるのかなーと思ったんですが、新頂ヒ→烏樹林は(アクシデントにより数分遅延しましたが^-^;)約30分、折り返しに約10分ほどかかっている…ということは、このままのペースで帰ると、どんなに頑張っても1時間ヘッドの運行は出来ません。しかも新頂ヒまでは基本的に単線、途中に信号所のような設備をいくつか見付けましたが、一度も列車とすれ違っていない…。
ヘンだなー…9:30発の列車はドコへ行った!?と思っていたら、復路でナゾが解けました。帰りは併用軌道のところまで往路と同じ区間を走りますが、



途中から別のルートへ分岐!
烏樹林側は機回しの手間を省くため、大きなループ線になっているんですね。ちょうどユーカリが丘線みたいな感じvv



往路と、ちょっと違った車窓が眺められますね。



烏樹林へ戻ってきましたー。
降車ホームは乗り場からずいぶん離れたところにあって、博物館や美術館みたく、帰りにお土産屋さんを経由するようになっています。商売熱心だなぁvv
お客さんを降ろし終えた列車は、また最初の乗り場まで回送されて行きました。





降車ホームの近くには台枠だけのトロッコ数台と、キハの廃車体が2両転がっていました。
勝利號と同型と思しき一段降下窓タイプに、日車標準型のようなバス窓のキハ…なんだか日本の地方私鉄を見ているようですねvv
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/533-a7c84680
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)