> 私鉄屋雑記帳 台湾で鉄路迷! #8 ~客車の楽園!枋寮駅~
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



台湾で鉄路迷! #8 ~客車の楽園!枋寮駅~


台東を出てから、きっかり2時間で枋寮に到着~。終点での儀式、サボの差し替えも日本と同じですw





この日の運用は、これでお仕舞い。一旦高雄方の本線に出て、推進で側線へと入換えします。





翌朝の台東行きに備えて、機関車を付け替えれば準備完了!お休みなさい。


…というのは客車の視点。
機関車には、このあと大きなイベントが待っていましたwww



のろのろと構内を移動するDL。向かった先は…



転車台!

まわるーまわるー!!
そういえば台鉄のDLって、常に前を向いていますよね!日本だったら小回りの効く両運転台が当たり前ですが、コイツは片方にしか運転台が付いていないらしい…さすが美国(アメリカ)製www
そんなワケで、台鉄では主要駅に転車台を備えています。なかなかホームから眺められる位置には無いんですが、枋寮のそれはもう眺め放題のベストポジションで、ぐるっぐる回ってますvv



さて。ホームの方へ目をやると、何やら青い復興号が止まっています…が。これ、余った復興号客車を使った、屏東線の区間車なんですね。
ボロがどんどん南へ下がっていく現象は、規模的にもJR九州とイメージが被ります(笑)
まぁ、ボロと言っても復興号が廃止されて余っただけなので、客車はそれほど古ぼけた感じはしません。ただし、次位の電源車は



めっちゃ歪んでますがwww

いくらお客さんの乗る場所じゃないからって、これはヘタり過ぎやろ!
事故って歪んだアイツと良い勝負だぞwww



でもって復興号客車の方にも、ところどころ台鉄クオリティーが見え隠れ…
区間車の種別は入ってなかったんでしょうねーwww



区間車では「女性優先車」が設定されていて、客車のコイツも例外なく表示されています。
なんだか女性専用車なんて日本みたいだなー、と思ったら…女性専用車ではなくて女性優先車。時間帯も朝晩とだけで明確な時間が書かれていませんvv
そもそも張り紙自体、とりあえずワープロで作りました的な感じのペラ紙だったり…。



そんな、やっつけ感たっぷりの”復興型区間車”ですが、まがりなりにも元優等列車。車内はリクライニングシートが並んでいて、ロングシートの電車よりも快適です!



気動車の自強号を除いて、全て客車で運行されている枋寮駅。1時間ほどの滞在でしたが、入換えからターンテーブルでの方転まで、客レの醍醐味を一気に味わえました~vv
台鉄でも、台北や高雄などの大都市近郊では分散動力化が進んでいますが、ここは客レにとって最後の楽園ですね!!

折り返しキョ光号の台東行きに乗って、枋寮を後にしました。
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/518-cf7352f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)