> 私鉄屋雑記帳 東急4000系!?に遭遇。
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー

※ただいま整理中です※
カテゴリーに沿わない記事が引っかかるかもしれません…。



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



東急4000系!?に遭遇。
今日、町田へ出かける途中に、こんなのと遭遇しました。



なーんだ、いつもの新車搬入か…と思ったんですが、周りを見渡すと妙にテツが多い!
なんだろう、この野次馬の多さ。ちょっといつもの甲種と違う匂いを嗅ぎつけて、ハマ線から降りて観察してみると…







ん?



これがウワサの4000系か!





…で、5050と何が違うんでしょうwww

4000系なんて勝手に呼んじゃってますが(笑)今のところ新形式という発表は無く、単に5000系列のインフレナンバーと考えた方が自然なのかもしれません。単一形式内でクルマが増え過ぎて、番号が足らなくなったんですね。
同じような例として、東急8000系にも0700や0800号車というクルマが居ますが、今回はそれ以上に増える見込みがあるのか、4000番台に戻って1からスタートする…という結果に。東武みたく5ケタの大台に乗っちゃえば…というのは素人の考えで、どうやら東急では4ケタの数字で車両を管理しているらしく、それはできないんだとか。
ちなみに4000番台は忌み番なので、これまでに一度も使用されたことのない数字でした。

忌み番といえばコトデンの30形も40番台を嫌って、38号車の次は20番台へ逆戻りする…という付番方法でしたが。今回の東急は、それの逆をやっているような感じですねwww
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/515-b0d9e3fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)