> 私鉄屋雑記帳 台湾で鉄路迷! #6 ~バス窓キハと池上弁当~
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



台湾で鉄路迷! #6 ~バス窓キハと池上弁当~


翌朝も、前日と同じように台北から自強号。といっても今日のは非電化区間へ直通する列車なので、PPではなくディーゼルカーです。台北から池上まで、ちょうど4時間の旅。
電車に比べて足の遅いことを考慮してか(?)1079次は、松山を出ると花蓮まで2時間以上ノンストップ!という、自強号の中でも一番停車駅の少ない列車です。



海ー!!

宜蘭を過ぎたあたりから、景色が良くなります。これだったら海側の席が良かったなー…なんて思いつつ。
実は山側の席にも、とっておきの車窓が待っていましたー。



おぉ…!



おぉぉ…!!

山側は機関車貨車スイッチャー見放題ww
それもこの界隈では、ほぼ各駅毎に工場や側線が…。そうか、これが台鉄の日常なのか!!瑞芳で見た入換えも、決して珍しいことではなかったんですね。ゼイタク過ぎるぜ、台鉄。
でもって、これだけ沿線に工場があれば、貨物列車の本数も半端ないです。感覚的には、秩父鉄道のそれに匹敵するんではないか!?って思うほど頻繁にすれ違います。



花蓮では、DLに牽引されて来るEMU500と遭遇…。ここは電化区間なのに何故!?



台北を発って2時間以上が経過。ちょっと手持無沙汰になったので、車内を偵察してみました。
今回乗った自強1079次、もろに朝ラッシュのピークだったこともあって、立ち席(自願無座)が出るほどの混雑ぶりで台北へ入線してきましたが、殆どは通勤通学のお客さん。台北か次の松山で下車してしまい、座席の半分が埋まる程度になりました。花蓮ではさらに減って、ご覧のとおり。



こんなの見つけました~!
デッキに無料で利用できる冷水機があるんですが、そこで配布されている紙コップが妙に立派。お土産に貰って帰りましたvv



玉里駅でDR2700形と遭遇!台鉄では現役最古のディーゼルカーです。
花東線の朝夕ラッシュ時に数往復だけ走るので、昼間は寝ていますが…。
ちなみに一番手前のクルマは1編成だけ居るリバイバルカラー車で、黄色の警戒色が塗られていません。ラッキー!!



近い将来、電化が予定されている花東線。沿線には、既に架線柱のようなものがちらほら。
ここを電車が走るようになったら、きっとDR2700も、南廻線の旧客も消えてしまうんだろうな…



池上に到着~。
#2で台湾の駅弁について軽く触れましたが、数ある駅弁の中でも特に有名なのが池上の駅弁です。台湾の人たちにとって、駅弁と言えば池上、池上と言えば駅弁なのだそうで。
ホームでの立ち売りもありますが、ここはゼヒ降りて訪ねたい場所がありました…!!



お弁当屋さんが軒を連ねる駅前の通りを、まーっすぐ5分ほど歩いた先にある「池上飯包文化故事館





目印は青いバス窓キハ…!!

かつて花東線がナローだった頃にデビューした、DR2000というディーゼルカーが2両、静態保存されています。後年、花東線の狭軌化とともに改軌されたDR2000ですが、車体はナロー時代のままなので、なんだかキハ10をちっちゃくしたような、日本人にも懐かしく感じるデザインですね。なんと言ってもバス窓が堪らん…!!





転換クロスが並ぶイートインコーナーwww
この日は平日と言うこともあって、お客さんは疎ら…



DR2000の車内でも食事ができるようになっています。三条も…もちろん車内で頂きましたwww



何種類かあるうち、一番オーソドックスな(?)ご飯の上に骨付きの豚肉、野菜炒め、味玉、そして高菜のような漬物が載った弁当をチョイス。このボリュームで75元、日本円に換算して200円ちょっと。安い!そして旨い!!バス窓キハの車内で食べると、さらに旨い!!!



DR2000のあだ名は、ドラえもんwww

小叮ダン(口へんに當)と書いてドラえもん。
こういうのって、誰が最初に名付けるんでしょうね。今の車体色も充分ドラえもんっぽいですが、さらにDR2000の旧塗装が黄色と白のツートンカラーだったので、これもドラえもんの旧塗装(笑)と一致するというオマケまで付いてるんですよ!ネーミングセンスが素晴らしいvv
そしてコイツといい、スネ夫(EMU700)といい、どんだけドラえもんが好きなんだ台湾www

ちなみに台湾の各地で保存されている”ドラえもん”ですが、そのうち客車化された数両は、今も台鉄に在籍しています。以前、七堵の車庫で見かけたバス窓キハもコイツの一族だったんですねー。
時々イベント列車などで本線を走るようで、youtubeに最近の走行シーンを発見してしまったんですが、本線用の大型DLに牽引されるナロー用しかも気動車改造客車という怪しすぎる編成美に…いかん萌えてしまった///
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/511-6f1c1b19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)