> 私鉄屋雑記帳 台湾で鉄路迷! #3 ~平渓線~
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー

※ただいま整理中です※
カテゴリーに沿わない記事が引っかかるかもしれません…。



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



台湾で鉄路迷! #3 ~平渓線~
あれから一夜明けて、次第に被害の全貌が明らかになってきましたね…。自然の猛威に、ただただ唖然とするばかりです。
とりあえず家の中を片付けて一息ついたところなのですが、今後の予定が全て白紙になってしまい、ぽっかりと空いた一日を過ごしました。思えば、あと1時間遅ければ四谷にいたかもしれない三条、地震の1時間前は新宿に居た私の両親…。そして台湾の写真をレタッチしながらも「もし日程が少しでもズレていれば、地震を知らずに帰って来たのか…」なんて考えていると、いつどこで起こるか分からない、明日は我が身かもしれない…と不安が募ります。
横浜でも、ちょいちょい断続的に余震が続いていることもあって、あれこれ良からぬ妄想ばかりが膨らみますね…。

----



さて、予定より1本遅くなってしまいましたが、平渓線に乗って終点の菁桐まで乗り潰します。
台北から電車で30~40分ほどの距離に位置する平渓線は、東京で例えるなら八高線のような(?)都会に近い非電化のローカル線です。休日ならハイキングなど行楽客で賑わうそうですが、この日は買い物帰りと思しき地元の皆さんと、僅かな観光客が乗っているだけで閑散としていました。





車両はDR1000形という、日本生まれの新しいディーゼルカーで統一されています。なんだか太多線あたりで走ってそうな顔ですねwww
座席は車両によってロングシートと回転クロスの2種類があります。





菁桐駅。
木造駅舎や転轍テコなどのアイテムも、まるで一昔前の日本のよう!台湾は、今の日本よりも日本らしい風景が広がっています。



折り返しに乗って十分駅で下車。列車の交換もできる、ちょっと大きめな駅です。





ここにもスイッチャーと貨車が居ました。
黄色いスイッチャー君は、さも交換相手のように2面3線の中線へ停まっていたので「休日運転の旅客スジは、まさか平日だと貨物が運転されるのか!?」と思いきや、なーんてことないただの留置車両でした(^-^;







平渓線のハイライト区間といえばここ!!
十分付近は併用軌道風味になっていて、車両限界ぎりぎりまで迫った商店の軒先を掠めながら走ります。ちょっと濃いめのガイドブックだと、このデンジャラスな光景が載ってたりして…是非とも押さえておきたかったスポットなんですよ~vv
一応バラストは敷いてあるので”路面”では無いんですが、そこらじゅうにバラストの石ころが路上へ散乱していて、かえってカオスですねwww



帰りはラッピング車に遭遇しました。
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/508-88e88a09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)