> 私鉄屋雑記帳 台湾で鉄路迷! #2 ~瑞芳駅のスイッチャーたち~
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー

※ただいま整理中です※
カテゴリーに沿わない記事が引っかかるかもしれません…。



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



台湾で鉄路迷! #2 ~瑞芳駅のスイッチャーたち~


翌朝、台北から自強号に乗って瑞芳駅へ。まずは、平渓線という非電化の盲腸線を乗り潰す…んですが、乗る予定だった列車は平日運休だったことが判明。
平渓線、どちらかと言うと観光路線の性格が強いので、平日のが本数少ないんですねorz

次の列車まで、1時間以上も暇が出来てしまいました。



たくさんの貨車がひしめく瑞芳の側線。日本でいうところの”セキ”のような、黒くて怪しいぃ専貨がズラズラ~っと。鉄道による貨物輸送自体が下火の日本では、専貨なんて絶滅危惧種なのですが…
このあと他の駅を訪ねて行くうちに、これが台湾では日常風景だということを知ってしまう。台湾は楽園だwww
暇つぶしに、この貨車たちを眺めていても飽きないなー、なんてカメラを向けていると…



おぉ!?



入換えが始まった!!

青いクレーンを積んだスイッチャーが、無蓋貨車を連れてやって来ました~。
暫く連結&切り離しを繰り返しながら、構内を行ったり来たり。

そして貨車の入れ替えが一段落して、一旦奥へ引っ込んだと思ったら…



今度は可愛らしいのを連れて帰ってきましたwww







この小さな2軸トロッコの正体は、レール運搬用の台車でした。



瑞芳にはもう1台、オレンジ色をしたスイッチャーも居ます。
コイツも同じく貨車の入れ替えを行っていましたが、カメラを向けた途端、貨車の陰に隠れてしまいました。恥ずかしがり屋さんなのだろうか…



台湾にも駅弁(=便當)があります。現地のコンビニ弁当と大して変わらない値段で売られているので、日本の高価な駅弁から比べると、より庶民の味として浸透してる感じ。
売店はもちろん、ホームでの立ち売りも健在です。



でもって、この日一番のサプライズがこちら。なんとEMU100が目の前を通過!!
EMU100は既に定期運用から撤退した、イギリス生まれの老自強号です。動態保存車が居るとはいえ、なかなかお目にかかれないクルマだと思っていたんですが。あぁ、まさか動いている姿を拝められるとは…!!!
側面の幕は「自強・新竹」を表示していたものの、乗客は一人も乗っていませんでした。
今後、建国100年を記念した臨時列車に抜擢するそうなので、その試運転だったのかもしれませんね。
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/507-dfb019c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)