>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

30000系、東上線へ。
今日、31601F+31401Fの10連が秩父鉄道を経由して、東上線へと転属しました。
もともと半蔵門線直通を意識して造られた東武30000系。400両を超す大所帯ながら、全車両が本線側に所属していたので、東上線への入線は今回が初めてです。
30000というと、神奈川在住の三条にとって田園都市線を走っているイメージが未だに強いんですが、運悪く中間運転台部分が田都線内での最混雑車両だったが為に、東急さんから嫌われてしまったようで…今では、すっかり見かけなくなりましたね。外見も内装も、ずいぶん完成度の高いクルマだったのになぁ。後発の5○000系(あ、伏字の意味が無い^-^;)があまりにも残念な出来ということもあって、今でもコイツは田都一番の当たり車両だと思いますvv

2ヶ月ほど前、久々に東上線を利用したときは8000の激減ぶりに驚かされましたが、今後2012年のATC化を目途に、池袋口から8000を全て(?)撤退させるそうなので、今回の転属は、この件も少なからず絡んでいそうです。





羽生の留置線でスタンバイ中…。
コイツは秩父線内を自走できないらしく、デキに牽引させるため連結器が交換されています。



今回の一大イベントがコレ。
入換えと言っても、たかが機関車を連結させるだけで、何でわざわざ封鎖までするんか?というと…留置線の構造上、どうしても踏切は開けられない理由があるんですね…。



暫くすると、お迎えの機関車がやってき…って、おい茶釜www



まさかのデキ505!30000初入線で茶釜を持ってくるとは…偶然か?それとも??



ゆっくりと踏切を横断して…機関車を繋ぎます。



この間、ずっと踏切封鎖!!

実は羽生の留置線、ぴったり10両分しか無く…デキを繋げると10.5両。ちょーっとだけ、はみ出るんですね(^-^;
機関車を繋いで折り返すまでの間、ずーっと道路を塞いでしまうので、東武や秩父鉄道の皆さんだけでなく、警察の方も交通整理に当たっていました。そこに見物人(三条を含めた、もの好きなテツvv)が大勢居るもんだから、不謹慎ながら傍から見ていると事故った風にしか見えないというwww
偶然通りかかった地元の方々も「何事かー!?」と、足を止めて見物していました。



走行シーンは、西羽生駅近くのストレートで頂きましたー。
いい、すっごくいい。この茶釜とマルーン帯の絶妙なコラボレーション!なんだか、茶釜は30000を牽引するために生まれてきたみたいだなぁーwww
30000よ、いっそ余生は秩父で過ごせばいいと思うぞ(笑)



それにしても。何故コイツに白羽の矢が立ったのかは、大いなるナゾですね…。
羽生の留置線でご一緒させて頂いた方によると、東上線所属の50000のうち、本来は本線向けに作ったものの急遽東上へ入れた編成が何本かあって、そいつの代替を兼ねている可能性もあるそうです。ただ、もしそうだとしても30000である必要は無いわけで…うーん。むしろ、せっかく6と4で分割できるのに、東上へ持って行ったら意味が無いよなぁ(汗;

そういえば東上線で走るということは、副都心線へ直通したりもするんだろうか。かつては半蔵門線へ直通して、神奈川県まで顔を出していた30000系。例え地上専用だったとしても、もうじきまた東急のクルマと顔を合わせることになりますね。

「あれ?お前、伊勢崎線で見覚えがあるぞ!でも、帯の色が違うような…」

なーんてシーンが展開されるのかvv


最後に。情報を頂いた車長さん、そして当日撮影地でご一緒させて頂いた皆さん、お疲れさまでしたー!!
関連記事
スポンサーサイト

東武 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2011/01/26(水) 23:05 ]

<<5000+5200 | ホーム | 多摩湖線に”春”が来た!!>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/496-265d9a98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


copyright © 2018 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania
まとめ