> 私鉄屋雑記帳 快速復活の準備、着々と。
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



快速復活の準備、着々と。
昨日は西東京界隈をうろうろしてきたのですが、府中本町へ向かう途中の南武線で、ちょっとした変化を見つけました…。



…ん?お前は0番台だよな!?

0番台の方向幕がLEDに!!





方向幕時代の0番台。
南武線の209系は現在4本しか居らず、大多数を占める205系に対して圧倒的レアな存在なんですが、そのなかでもさらにレア中のレアなのが、新製からずーっと南武線で働いてきた0番台。その数たったの1本だけ!
残り3本は、京浜東北から流れてきた2200番台で、南武へやって来たときにLED化済み。0番台と見分けるポイントの一つが、”方向幕”でした。
快速の復活に合わせて、さすがにコイツ1本だけの為に新しい幕を用意する、なーんてことはしないですよね(^-^;

ちなみに足回りは従来のまま、特に手を加えられていません。あの変調音の鳴る走行音も、この近辺ではあまり聞けなくなりましたね…つい最近までは、京浜東北や横須賀で腐る程聞けたんですが。



一方205系は、幕のまま新しいデザインへと交換が進んでいます。
側面はラインカラーが入って、何だか京葉線風味にwww



でもって、旧幕の写真を…と思ったら、こんなのしかなかった。
側面の幕って、あんまし撮る機会が無いんですよね。
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/494-272da5b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)