> 私鉄屋雑記帳 大津の路面電車たち
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



大津の路面電車たち
気がつけば12月も8日目…師匠(せんせい)ではありませんが、ここのところバタバタ忙しくしてます、三条です。
やっと一段落ついたので、間があいてしまいましたが大津線感謝祭の続きをupしたいと思います。

***




錦織車庫の最寄り駅、近江神宮前。
この日はイベントがあったので、駅員さんがたくさんいました。臨時の即席切符売り場も出現www 

石山坂本線には大きな駅を除いて自動改札機が無く、かと言って路面電車みたく車内に運賃箱もないので、普段から駅員さんが切符を回収しています。無人駅もありますが、大抵の駅には駅員さんが居ます。路面電車のような、そうでもないような…そんなフシギなポジションが魅力の石坂線。

…ただ、そのアナログさゆえに「スルッとKANSAI」の扱いがちょっと複雑だったり。
とりあえず、パストラルカード(※スルッとKANSAIの能勢電バージョン)が使えないのは痛いぞ…。ここへ来るまで、ちまちま使ってたんですが、石坂線では浜大津で切符を買わない限り使えませんでしたorz
これ、石坂線から乗る場合は良いけれど、スルッとKANSAIが使える京津線から乗り換えてきた場合は困るよな…(汗;
それでいて3dayチケットは、どこからでも提示すれば使えたり。どこから乗ってどこで降りたか?という処理ができないので、ようは日付さえ入れれば使えるフリーパスの類はOKなんですね…。



仕方がないので、現金で切符を買って…三井寺で下車。
ここでも駅員さんに切符を渡します。とても小さな駅なので、相対式ホームに対して駅員一人…ところが電車は昼間でも7.5分間隔。電車が発着する度に、駅前の踏切を渡って行き来する駅員さん!ご、ご苦労様です(汗;

三井寺は浜大津の一つ手前。この先は名物の併用軌道になっていますが、まずは駅北側のカーブから沿線撮りしました。大津の古い街並みに松の木が背景に入る、エキゾチックなポイントです。
ちょうどやってきた600形はダブルヘッドマーク+前パンが凛々しいですねvv



三井寺駅南側の併用軌道。
さっきのと同じ600形ですが、コイツは前面の窓ガラスが平面になっていて表情が違いますね。600形は旧型車両の車体を流用しているので、タネ車や改造時期によって、編成ごとに微妙な個体差が楽しめます。



「ひらかた大菊人形」のヘッドマークを付けた700形。期間中、大津線(と京阪の公式リリースには書いてあったけれど…大津線=石坂線のこと!?)には2編成にマークが取り付けられています。



S字カーブを抜けると…かの有名な浜大津の交差点に出ます。







日本一高価な電車のお通りだー!!

4両編成の地下鉄車両が路面をゴロゴロ…ここは、いつ見ても圧巻ですなぁvv
よくぞ地下鉄と直通させるなんて発想になったもんだ(笑)
いやもちろん、もともと直通していた区間を分断させるのは忍びなかったんだろうけど…同一ホーム乗り換えにして、非電化私鉄最大手の某社みたく「御陵接続、太秦天神川」でも、よかったんじゃないかとwww

ここと高知の曙町付近を運転する人は、無条件で尊敬する。



菊人形マーク、もう1編成発見!

うしろの駅舎に書かれた行き先も、ちゃっかり「太秦天神川」が追加されていますね。前回2005年に来た時は、まだ「二条」でした(^-^;

***

以下バスネタ。

ぼちぼち日も暮れてきたので、早めの夕飯を食べて浜大津駅へ戻ると…



6Eだー!!

バスターミナルの片隅で待機する、近江鉄道バスの6Eを発見!
同じ西武グループなだけあって、この色、まんま伊豆箱根バスだよwww
滋賀まで来てライオンズカラーかよ…って思ったけれど、そういえば電車の方にも、この色を纏ったのが居ますねvv

いずっぱこも5Eや6Eをよく見かけましたが、今も元気してるかなぁ…。



運転手さんが乗っていたので、暫く待ってみると「鶴の里団地」行きになって出てきました。
実は、行きも石坂線の車内から6Eの姿がチラっと見えて、おぉ!?ってなったんですが、この時も同じ”鶴の里”だったので、この系統はボロ率が高いのかも!?たまたま同じクルマを見かけた…という可能性も否めないですが(^-^;
営業所に行けば、他にも同世代の仲間が居るのかなぁ…。末永く活躍してほしいですね。




こんなのも居ました。3扉車…!!
これも西武グループの中古車でしょうか。まさか、大津で3扉のクルマに出会えるなんて!!
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/478-5fc84340
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)