> 私鉄屋雑記帳 おけいはんに寄り道してみた。
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



おけいはんに寄り道してみた。


京阪では、沿線のひらかたパークで行われている「ひらかた大菊人形」に合わせて、この秋ヘッドマークの掲出や臨時列車が運転されています。
新しいカラーリングも地味に浸透しつつあるし、旧塗装は今のうちに記録しておかなきゃ…というワケで、今回は実家へ帰る前と後の2日間に分けて、ちょちょっと寄り道してきました。何か曇ってるのが10月30日、ピーカンで側面に影落ちまくってるほうが11月4日の撮影ですvv



ヘッドマークは会期中の11月28日まで、京阪線10編成と、大津地区2編成、叡山電車1編成にも取り付けられています。大津地区は未だしも、叡山電車は1編成だけかよ!?捕まえ辛い…(^-^;

この「ひらかた大菊人形」、100年近く続いていた毎年恒例のイベントだったそうです。
菊人形館のまわりにプラスαで遊具を置いたのが、ひらかたパークの起源…ということで、菊人形は”ひらパー”の歴史そのもの。そんな一大イベントも2005年を最後に一旦途絶えていましたが、京阪の開業100周年を記念して今年限りの限定復活!ヘッドマークの柄も、かつて毎年開催されていた頃の復刻版なんだとか。
そういえば、小さく龍馬伝の文字が見えますね。菊人形には毎年テーマが決められていて、今年は龍馬伝なんだそうです。龍馬ゆかりの地巡りに便利な一日乗車券もセットで…なるほど、そういうことか(笑)ブームって凄いねwww







京阪線10編成…という割に、よくマーク付きを見かけた気が。複々線区間はもちろん、京都口でも小1時間粘れば、余程のことがない限りマーク付き編成を捕獲できます。
取り付けられている編成は、ナゼだか揃いも揃って旧塗装ばかり(これは偶然?)それもボロ率が高かったですね。7000や9000にマークを付けると、京阪のロゴが隠れてしまうという残念な見てくれになってしまうからでしょうかwww
この2形式は、極力避けられているような気がしてならない(笑)







10月9日~11月14日、土日祝日の朝方に淀屋橋→樟葉で2本運転された臨時急行。ちょうど運転日の朝、横浜から夜行バスで大阪入りしたので、ついでに撮ってきました。
クルマは7連のなかからランダムで選ばれるようですが、この日はどちらも旧塗装のボロ!オマケに第1便は吊り幌のアイツでしたvv

…が、残念ながらお客さんの入りはイマイチな感じ。ぶっちゃけ7連は必要ない気がする(^-^;
一応ひらかたパーク、関西圏の遊園地ではUSJの次ぐ優等生なんだそうで…!?混むときは電車も混むらしいです。遊園地といえば宝塚ファミリーランドかエキスポランドな三条にとって、ひらパーなんて、なんか森に住んでそうな妖精っぽいイメージキャラクターとThe Boon(これで”ざぶ~ん”と読ませるvv)とかいう素晴らしいネーミングのプールくらいしか思い浮かばないんですけどね。ひらパー、ナメてました。
ちなみに宝塚ファミリーランドとエキスポランドは、もうこの世に存在しません(泣;;



それにしても新塗装、だいぶ増えましたね~。感覚的には新旧の割合が逆転したかなーという感じ。もちろん片寄りはあるでしょうけど。
ずいぶんイメージは変わりましたが、塗り分けのラインとか緑系の色は同じなので、どのクルマも違和感無く似合っていますね。うん、やっぱり吊り幌のコイツが素敵過ぎる…!! ←そればっかwww





”緑の電車”による快速急行。普段、快急といえば新3000系のお仕事ですが、ラッシュ時や検査の関係で他の形式が走ることもあるそうです。
撮影した2日間とも、真昼間から9000系が代走していました。



京阪特急60周年を迎えた今年、一足先に8000系(3000から編入した子を除く)の塗り替えが完了しました。
この夏には、記念のヘッドマークも取り付けられて…1編成だけ残っていた旧塗装が入場するまでの数日間限定!旧塗装+記念ヘッドマークの組み合わせ、というイベントも発生したようですvv



さんぜ…ぢゃなかった、8000系の30番台にも遭遇しました。コイツの塗装は昔のままですね。きっと最後まで残すんだろうなぁ…



2008年10月の中之島線開通から走り始めた枚方市行きの特急。枚方市で出町柳行きの快急に接続させるので、京橋を出たら次が終点というシロモノ(逆も然り)
京都へ行かない、3扉、ロングシート…こんなの京阪特急なんて認めてやるもんか!!(^-^;
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

管理人様の“京阪特急非該当3原則”(笑)、紅玉も全くもって同感であります。
ロングシートで特急を称するなんて、戦後混乱期の1100・1200形とか1300系の“代用特急”以来……と云うモノで……。
せめて、名称を「快速急行」程度にしておけば(血涙)。

しかし、京阪の在来カラーは、変える必要が無い良作だと思っていたのに……。
南海の二の舞か(号泣)。
【2010/11/18 18:57】 URL | 紅玉国光 #Jo60KSR. [ 編集]

Re: タイトルなし
こんばんは!コメントありがとうございます。

「京阪特急非該当3原則」ですか(笑)
ロングシートの特急自体は、以前からラッシュ時なんかでも見かけましたが、
枚方特急の場合は真昼間にも毎時2本運転、なおかつ極端に運転区間が短いので、目立ってしょうがないですね。
それでいて停車駅は特急と同じなので、別の名前を与えるワケにもいかず…。

以前の「K特急」をもじって、山陽みたく「S特急」(S=ショートの意)とでも呼びましょう(^-^;


旧塗装のシンプルで落ち着いた雰囲気には愛着がありますが、新しい方の塗装も個性的で、京阪らしく仕上がっているのではないでしょうか。
それまでの塗り分けをイメージしつつ、適切に現代化した感があって好感が持てます。
えぇ、少なくともどっかで見たことのある○海のアレとは比べ物になりませんよ(笑)
【2010/11/19 21:35】 URL | 三条イツキ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/475-d8bc315f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)