> 私鉄屋雑記帳 滑り込みで… #1
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



滑り込みで… #1


今月7日より「はまかぜ」の時刻表からグリーン車マークが消えました。
これは、長らく陰陽連絡特急に従事してきたキハ181が、オールモノクラスの新型気動車キハ189に置き換えられた為。その強力なエンジンを遺憾なく発揮することのできる「はまかぜ」は、キハ181最後の砦だったのですが…。

置き換えまで残り1週間に迫った11月1日、実家へ帰るついでに「はまかぜ」を一日追ってみました。



まず朝イチの2Dを撮影するため、前日のうちに姫路入り→朝の播但線で、溝口~福崎の俯瞰ポイントへ移動しました。
播但線、随分前に和田山から姫路まで乗った以来で、明るい時間帯の乗車は今回が初めて。電化区間は赤い103系のイメージですが…なんか派手なの来たwww



播但線といえば、この色。
寺前以南の普通列車は、朝から晩まで103系オンリーの世界…だと思っていた播但線ですが、早朝には221も見かけてビックリ…!!



2D。この日は、雲がぷかぷか浮かぶ空模様でしたが、列車が来る直前に陽が差しました!!



溝口にて。ラッシュ時の直後、まだ増結2+2の4連。
ラッピングは、何種類かバリエーションがあるようで…さっきのと色違いですね。



1Dが来る前に、先行列車で電化区間からおさらば!
途中、気動車へ乗り換える寺前では、播但線で活躍しているクルマたちが留置線にずらっと肩を並べて休んでいました。左から、但馬名物のヘンテコ顔キハ、新車並みに改造されたスーパー103系、そしてごく普通のキハ…電車と気動車、姿もカタチも違いますが、ちゃんと塗装が揃っていて好感が持てますね。この塗装好きだなぁ~vv



新井で下車。駅近くの踏切から1Dを撮影しました。
何の変哲も無い、山間の小さな交換駅だけれど…このどっしり落ち着いた雰囲気が、キハ181に良く似合いますね。



ヘンテコ顔のキハ。名前はキハ41系2000番台といいます。もともと片運転台だったキハ47を両運化、コストを下げたかったのか、増設した運転台はこんな顔になりました。この反対側は、ごく普通のキハ40顔をしています。
近くを走っていたサンパチ君(113系3800番台)に通じるコンセプトですが、出オチ感のあるサンパチ君に対して、キハ41は一見まとも(?)に見えるものの、後からじわじわ来るwww

…さて、駅前には何も無い新井ですが、駅から北に向かって15分ほど歩くと、ちょっとしたショッピングセンターがあります。ちょうど昼時だったので食料調達に行った帰り道、ふとmnさんが川の向こう側に”電車らしきもの”を発見しました。どーせ遊具か何かだろうと思いつつ、でもやっぱり気になって(笑)近づいてみたところ…



!?










明神電車でしたー!!

延鉱山から子畑の間を結んでいたから明神電車。こんなちっちゃな鉱山鉄道が1980年代まで現役だったことや、運賃が1円という強烈なインパクト(笑)から、”一円電車”の名で知られていました。
大昔は新井駅から神子畑までの下部軌道線もあったそうですが、最近まで残っていた区間は代行手段のない山奥の上部軌道だったはず。という曖昧な記憶しかなく、保存車両ももっと駅から遠いところにある…と勝手に思い込んでただけにビックリしました(^-^;
場所は新井駅から北へ1kmほど、国道312号線沿いにある道の駅の向かいにあります。保存車両は良く整備されていて、車内を見学することもできるので、撮影のついでにゼヒどうぞ…!!

ちなみに明延では年に1回、動態保存車の運転会も行われていて、今年は10月24日だったそうです。うーんニアミス…といっても、まず明延まで行くのが大変だよね(汗;
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/472-fe088217
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)