>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

熱い!暑い!!津鉄の2日間 #1
ストーブ列車で名高い津軽鉄道。津軽半島の重要な観光スポットとして、毎年シーズンになると全国ニュースの話題で紹介されるほどの人気っぷりですが、それでいてホンモノの旧客を小ぶりのDLが牽引する、という濃ゆさも兼ね備えていて、前々から行ってみたい場所のひとつでした。
ところが、東北地方には他にも魅力的な私鉄が点在していて、ついつい本州最北の津鉄を後回しにしていたら、気が付けばストーブ列車にDCが引っ付くようになってしまい…;

しかーし!今回は全線開通80周年を記念して、28、29日の2日間に分けて旧客オンリーのストーブ列車から、貨物列車!貨客混合列車!!そしてあのナハフが走る!!!
というワケで、なんとか都合を付けてバスのチケットを手配www
晴れて今回が初津軽となりました(笑)



横浜から夜行バスに揺られること11時間で、弘前に到着。乗り換えた五能線の列車は、前1両がタラコ色のキハでした!!幸先の良いスタートです。





津軽五所川原駅…人だらけwww





人波をかき分けてホームの奥へ進むと、ちょうどオープニングセレモニーが行われていました。
DDの汽笛を合図にテープカット!!



セレモニーが終わると、駅構内を一般開放!!線路に下りて写真を撮ることが出来ました。



まずは一番手前のクルマから。機関庫前のトム1とオハ463。
オハ463は既に車籍が無いそうで、普段は五所川原駅に横付けして待合室になっているとか。



津鉄の客車は、夏が似合いますね。
ストーブ列車だから冬だろ!って言われそうですが、このツートンカラーは夏の日差しによく映える気がします。
逆に、茶色一色塗りの旧客は秋って感じ。





続いて…ナハフ1200!!!
1202と1203の2両居るうち、手前の1202には西武風ヘッドマークが用意されていて、時間限定で取り付けられました~!!
コイツ、いわゆる川造型と呼ばれる電車でして、かつては西武で活躍していたものを、津鉄入りしたときに電装を取っ払って今に至っています。




ゴツゴツとした車体なのに、高い腰板と丸みを帯びた美しいデザイン、そして優雅な曲線を描いた水切り…!!もうね、コイツのために遥々津軽までやって来たと言っても過言では無いほど、三条は大の川造型ファンだったりしますvv

かつては全国各地に居た川造型。津軽のは客車だし現役…なのかどうかも怪しいですが(^-^;
とりあえず動ける状態にあるクルマは、ここの2両がラスト。昭和ヒト桁時代の作品なので、この世に存在している、というだけでもありがたい!



ホームの花壇越しにもう一枚。



もう1台のナハ1200、1203号は、DD351に牽引された姿で展示されていました。



メインの展示車両たち。左からDD352、DD351、津軽21(メロス号)、キハ22027。



キハ22。国鉄から渡ってきたクルマです。
ひたちなかにも似たようなのが居ますが、あちらは全てローカル私鉄が造った海賊版を譲り受けたハズで、国鉄生まれの”純血”では数少ない生き残り。



最後にDD351+ナハ1203をホーム側から。

今回の撮影会、車両の配置と光の向きを細かく計算されていて感心しました。
展示車両の顔が常に明るい方を向いているのはモチロン、例えばキハ22。午前中は側面が陰になってしまいますが、午後になって日が当たってくると…隣に止まっていたメロス号をすすーっと下げて、キハ22の形式写真が撮れる状態に!!
予め公式ページにも、どのクルマがキレイに撮れるか時間ごとにスケジュールがupされていたりして、ホント今回のイベントを企画してくださった関係者の皆さんには、頭が下がりっぱなしですm(_ _)m そして何よりも晴れてよかった…!!



あと、今回のラインナップでスルーしがちなのが、ホームに横付けされたワム5。
ホーム側は完全にオブジェと化していて(笑)車体に時刻表や路線図が貼ってありますvv

新車のメロス号もそうですが、津鉄のクルマには独特のフォントをした「津軽」の表記が入っています。このレタリング、印鑑みたいでカッコイイですよね**
関連記事
スポンサーサイト

北海道・東北地方の鉄道 | トラックバック:0 | コメント:0
[ 2010/08/31(火) 16:57 ]

<<北総7260形が新種別幕に!! | ホーム | 大船の、二つのモノレール。>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/447-53ddbbba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


copyright © 2018 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania
まとめ