> 私鉄屋雑記帳 さようなら1000形
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



さようなら1000形



「50年間活躍した1000形が引退します」

http://www.keikyu.co.jp/corporate/press/mk_auto/20100623.shtml

遂に…このときが来ましたね。゜。゜(ノД`)゜。゜。
先月の久里浜工場でお披露目して以来、大師線ではヘッドマークをつけて運行していますが…まさか臨時電車まで仕立て上げてしまうとは!!
4日前に突然の発表…という慌しさを見るに、急遽決まったんでしょうね。このご時世、よくぞやってくれた!と思う反面、何も起きないでいてくれよ…無事に走り終えて欲しい、と願わずにはいられません。



さて三条はというと、ここのところ授業の前、それか授業の後、空いた時間は川崎へ行くのが日課になっていましたwww
川崎へ行けば、本線の6連か、大師線の4連、とりあえず動いてさえいれば捕まえられる。もう存分に撮った!と思っていても、いざなくなると思うと寂しいものですね。
ホント、これほどまで夢中にさせるクルマは、もう他に二つと無いなぁ…と。









ここ最近は、ダイヤ改正で変わったものと絡めて撮るようにしていました。
エアポート急行や、新しくなった京急蒲田の上り線など…1ヶ月とちょっとの期間だけ見られた、過渡期の風景。こういうの、あとあと見ると良い記録になるんじゃないかなーって思います。
それにしても”新”蒲田駅は、駅のサイン類も全く新しいデザインになっていて、なんだか他社線の駅みたい(笑)1000形が入線すると浮いて見えますね。このミスマッチな感じが堪りません。



ダイヤ改正といえば、行路表のクリップも地味~に模様替えしていたりします。
これ、遠目にも結構目立つので、写真の撮影日がダイヤ改正の前か、後か?が、運転台の窓越しに写る行路表のクリップを見れば、すぐに分かりますね。







車庫での風景。
京急の魅力といえば、留置するときのデタラメ表示ですねwww 普段よく使う幕は日に焼けてしまいがちなので、あまり使わない幕を表示させておこう、というワケです…が。明らかにネタ表示の時もあります(笑)

昨日は、午前中19番の運用に入っていた1345編成。ラッシュが終わり、新町で車交→入庫する姿を、車庫線の大きな踏切のそばで見届けていました。
その後、たまたま踏み切りで居合わせたテツな皆さんと、1000形の思い出話やら何やらで盛り上がってしまい、その場で1時間ほど立ち話をしていたのですが(どうも、お世話になりました!)
…すると、なんとクラの奥の方~に潜り込んでいた1345編成が、手前の洗車台へと移動!デタラメ表示のまま例の踏切を横断し、即席の撮影会に!!
うだるような暑さのなか、夢中でシャッターを切っていました。

さて、これを京急の粋なファンサービス…というと、単なる偶然だろと突っ込まれそうですが。
よくよく考えてみると、引退まで残り3日に迫ったこの日、もう方向幕の日焼けなんて考える必要もないワケで…(泣;;
「通勤快特」という表示は、いろいろな想いの詰った”お遊び”だったんかな…なんて思います。そして、こうした風景を、まったりと撮ることが出来た…最高の幸せですね。

この場に居合わせた皆さん、本当にお疲れ様でしたm(_ _)m
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント
長い間ごくろうさまでした。
約2ヶ月ぶりにコメントさせていただきます。

一時は356両も在籍し、文字通り京急の一大勢力となっていた1000形の引退ということで、小生自身も非常に感慨深いものがあります。

昭和50年代中頃に、私どもの鉄道趣味活動の大先輩でもある吉村光夫氏(余談ですが、小生は吉村氏と個人的に面識がございます)が著された京急関連の書籍の中で、吉村氏が1000形を「ミスター京急」と評されていたことが、現在でも強く印象に残っています。吉村氏のこの評価は、まさに的を得ており、彼らがこれに恥じぬ大活躍をしていたことは、言うまでもありません。

加えて、今年満50歳になる小生の実兄が生まれる前から存在していた電車であるということで、兄弟揃って1000形のファンになっていたものでした。

その意味で、1000形は、時代・世代・年齢などを超え、数多くのファンに支持され、愛され続けてきた車両だったのではないかと思います。

ちなみに、小生の場合は、25日夕刻に大師線で運用されていた1305Fを鈴木町と京急川崎で撮影し、最後のお別れとさせていただきました。
(27日のありがとう運転と、28日の営業運転最終日には、あえて行きませんでした。)

最後になりますが、1000形の50年もの長きにわたる活躍に、感謝と慰労の意を表したいと思います。
【2010/06/28 09:28】 URL | 1380 #uO6YuKlk [ 編集]


どうも~コメントありがとうございます。

356両、今の新1000形ですら200両とちょっとですから、なかなかこの数字は破られないでしょうねぇ。それでいて、姿カタチもそれほど変化が無かったのも1000形の魅力です。

吉村光夫さんの著書は、私も何度か目にした事があります。50年前、デビュー当時から、ずっと1000形とともに歩んで来られた先輩方にとって、特に今回は感慨深い出来事だったことでしょう。

一つの時代が終わったんだなぁ…って思いますね。


p.s.以前お送りしたメールは、ご覧頂けたでしょうか?
【2010/07/04 21:39】 URL | 三条イツキ #wgmg.h4A [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/07/04 22:44】 | # [ 編集]

吉村光夫氏ご逝去
その吉村光夫氏ですが、1月3日に急性心不全のため、84歳でご逝去されました。

謹んでご冥福をお祈り申し上げるとともに、哀悼の意を表します。合掌
【2011/01/05 06:07】 URL | 1380 #fZQeSxjk [ 編集]


>吉村光夫氏ご逝去

だそうですね…
折しも”ミスター京急”1000形が引退した矢先というタイミングに、因縁を感じます。

ご冥福をお祈りします。
【2011/01/09 19:29】 URL | 三条イツキ #iVfs94xQ [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/426-d98b56c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)