> 私鉄屋雑記帳 京急ファミリー鉄道フェスタ2010 #2
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



京急ファミリー鉄道フェスタ2010 #2
なんといっても、もうじき引退する1000形が主役だった今回のファミリーフェスタですが。実は、事業用の黄色い電車たちも負けず劣らずスゴかった…!!
というワケで#2では、こないだの久里浜工場に加え、ここ最近のデト&クトの話題をまとめてupしたいと思います。



まずは、いつものクトさん。
後には2連の1000形が繋がっていますが、これは自走できないクトの牽引用に、機械扱いとして(?)暫らく残ることになった1351Fだそうです。せっかくなので、そのまま動態保存とかして頂けたらなぁ…なんて思うんですが…。

でもって。右奥にも、何か黄色いのが停まってますが??



!?



前回upした進化版デト17-18!なんだろう、この存在感www
これ、ポジション的に決して展示のラインアップには入っていないと思うんですが…かといって隠しておくわけでもなく、奥~の方でチラ見せしているところが何とも憎い(笑)

こんな魔改造を施したのも、1000形が引退することでコイツだけ抵抗制御だったり、丸ライトだったり、では何かと都合が悪かったんでしょうね。特に足回りは、分散クーラーを積んだ1000形初期のクルマからの発生品だったので、相当な年代モノだったはず。ボコボコ言うコンプレッサー音も、今ではデトでしか聞くことが出来ませんでした。

それにしても、ちょっと悪くなった目つきに、ちょんまげパンタ、窓の奥で輝くLEDの運番表示…以前にも増してゲテモノ臭がwww



改造前のデト17-18。このときは”救援車”扱いでした。



2005年のファミリーフェスタでは、デトの荷台に乗れちゃいましたvv
客室(というか客は乗らないから…乗務員室、か?)部分にも入ることができて、こんな風になってるんだ~、と地味に一番印象に残ってるイベントかも。普段、絶対に乗れない電車ですからねぇ(^-^;
確かデトに侵入できたのって、この年だけでしたよね。また復活して欲しいイベントだったりします。



一方、デト11-12は改造の真っ最中!
床下を丸ごと取っ払っているところを見ると、恐らく17-18と同じ改造メニューが施されるのではないでしょうか…





数年前に撮影したデト11-12。菱型パンタに丸ライトという姿は、今回の入場で見納めになるでしょうね…。
平日の真昼間にしか走らないので、あまり良い写真は無いのですが。



さて、そんな過渡期を迎えたデト、クトたち。
久里浜工場へ一度に5両も集結すること自体レアですが、これだけデトが出払っているとなると、気になるのが毎週月曜日と木曜日に走る久里浜~新町間の定期輸送。普段はデト11-12が使われていますが、その11-12が久里浜工場で長期入場中…ん?これって、もしかしなくても今回のファミリーフェスタで唯一不在だった15-16、アイツの走行シーンを拝む絶好のチャンスなんじゃね?というワケで、翌日撮影に繰り出してみたら予期せぬハプニング、17-18が現れたっと…これが、前回の記事に至るまでの経緯です。ホント、最初17-18に遭遇したときはビビりましたwww
ダイヤ改正で定期輸送の時間も変わったんかなぁ~と思ったら、試運転だったんですね。品川や三崎口にも顔を出したそうですよ~。



あ、もちろん定期輸送の方も撮ってます。いずれ、コイツもちょんまげに交換されるであろう前パンと、デト15-16らしいサイドビューを強調したかったので、広角&あおり構図にしてみました。
この、パンタ乗っける為のでっかいヒサシが堪らなく好きです。普段動いているデト11-12は乗務員室(?)の部分が長い分、ヒサシが無いんですよね。スタイルの良いクルマに限って、滅多に走らないから困ったもんだ…(^-^;

ちなみにダイヤは、以前より若干繰り上がりましたが、時刻もルートも大きな変化はありません。
思えば、この日は2本のデトが走っていたことになりますね。
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/416-6f149b51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)