> 私鉄屋雑記帳 南海の片開き1枚ドア電車  7000系編
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー

※ただいま整理中です※
カテゴリーに沿わない記事が引っかかるかもしれません…。



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



南海の片開き1枚ドア電車  7000系編
ここのところ京急ネタ続きで、ブログ全体が真っ赤になってますが(笑)
なんか京急ネタを連投して以来、ブログのアクセス数がモノ凄く増えています。
これはダイヤ改正効果…でしょうか?こないだの週末なんか一日に300人超!?だったりして、カウンターを見る度に驚いていますが…いや、普段がショボいだけかもワカランですね(^-^;
アクセスありがとうございますm(_ _)m いろいろと適当なブログだけに、恐れ多いです。 

さて…そんなワケで京急、いよいよダイヤ改正が行われました。
とりあえず一番心配だったのが1000形。改正初日も17番で元気に走っている姿が他サイトさんにupされていて、一先ずホッとしています。
いやね、もしかしたら今回のダイヤ改正で運用が整理されて、6連に余剰→1000形が撤退!?というイヤーな予感もあって、気が気じゃなかったんですが。
こうなると蒲田の新しい高架線と絡めたり、エアポート急行と並ぶ(というか、この際だからエアポート急行運用に入ってしまう、というミラクルを希望www)姿も押えたくなりますね。
近いうちに、また撮りに行きたいところです。

で…ですね、今回はちょっと趣向を変えて(?)西のそっくりさん、南海の7000系をupしてみたいと思います。
前々からupしたかったんですが、なかなかタイミングが無くてwww





大きな1枚扉に、ドア間の窓が3枚。貫通扉と幌の付いた顔立ちで、空港にも乗り入れる、どことなーく京急1000形を4扉&大型化したようなデザインの7000系。
京急1000形よりも3年遅い、1963年生まれのクルマです。
まとまった数が残っている7000は、2両単位で柔軟に編成が組めることもあって、まだまだ普通から優等列車までオールマイティーに活躍しています。
そんなところも、元気だった頃の京急1000形にそっくりですねvv



羽衣を通過する空港急行!!やっぱり幌+前パン側がカッコイイですね~。
工事の関係もあって”左側通行”のように見えますが(笑)隣は「高師浜線」です。
こちらは支線用のクルマなので、幌枠ごと撤去されてしまい…なんか物足りないなぁ(^-^;



浜寺公園駅の待合室から…南海は、駅のアイテム一つ一つが凝っていて、お洒落です。



古びた和歌山市駅で発車を待つ7000系。
かつては四国連絡で栄えていた”市駅”、留置線も多数ある大きな駅ですが、今ではガランとしています…。
そういえば、途中駅が全部なくなってしまった和歌山港線の寂れっぷりも、凄まじいものが(汗;



特急サザン。
去年秋のダイヤ改正で、サザンの後には必ず一般車が付くようになりました。
こんな…なんていうと失礼かwww通勤電車が、堂々の愛称付き特急に抜擢されるのも、南海ならでは、ですね。



一方こちらは、オールモノクラスの愛称なし特急!

急行に!特急に!!走りまわっている7000系ですが…。
そんな日々も、今後あまり長くは続かないようです。
”関西版走るんです”の投入や、2000系が南海本線へ進出した関係で、ゆっくりとしたペースですが、廃車が発生しています。
リニューアルしたとは言え、製造から既に50年近くが経過してますからねぇ。
時既に遅し…と、ならないように、大阪へ帰ったときは難波発の夜行バスを使ってみたりして、気が向いたときに、ちょいちょい撮り溜めるようにしたいですね。
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/408-f178ab41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)