> 私鉄屋雑記帳 ダイヤ改正を前に… #1
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



ダイヤ改正を前に… #1


京急ダイヤ改正ネタその2。
これほど大きな改正にもかかわらず、正式発表が約1週間前という異例の遅さですが…まぁいろいろあったということで(笑)
やっと貼り出された駅の新しい時刻表を眺めてみたり、ネットの記事を拾い読みしたりして、さっそく新しいダイヤを楽しんでいますvv
そこで今回は、改正を前に大きく変わる列車や消え行く列車…などなど。気になったものを、ざっくりピックアップしてみ…る予定だったんですがwww
いざ記事にしてみたら、全然ざっくりしておらず(^-^; かなり長くなってしまったんで2回に分けます!
まずは、こちらから。

・D特急が風前の灯に…



前回の記事でもチラッと書きましたが…今回一番の目玉商品は、なんといってもエアポート急行!!あの”逗子行き急行”が、エアポート仕様になって帰ってきますwww
が。その一方、日中の川崎~文庫間で快特の後に引っ付いていた羽田空港行きが、まるまるエアポート急行へ移るので…いわゆるD特急、川崎の留置線退避が突如レアな存在に…orz 改正後も残るのは、平日の夜に僅か4本、しかも下り方向だけ!!途中で2回も種別が変わったり、蒲田でスイッチバックしたり…”京急クオリティ”を象徴する名(迷?)物列車だったんですが(^-^;
「京急川崎駅の手前で~」って、あの普通に聞いたら何ぞ!?ってなる(笑)蒲田のアナウンスも、滅多に聞けなくなりますね…



羽田空港で出発を待つD特急…ローマ字無しの黒地幕も今や懐かし。



第一京浜横断中!!
8連ばかりの空港線で、4連のD特急はちょっとキャパシティ不足な感じでしたねー。横浜方面から空港に向かうお客さんと、空港線内の途中駅で降りるお客さんとがごっちゃになってしまって…。でも、だからといって快特に増結するからには絶対に編成延ばせないしなぁwww
それが今回の改正でエアポート急行へ置き換わることで、単純に輸送力が2倍に!空港線の利用者は恩恵受けまくりじゃないかと。これならエアポート快特が蒲田通過したって別にいーじゃん!!って、これは禁句ですか。



六郷土手~雑色の切り替え区間を走るD特急。16日以降の上り列車は、左の真新しい高架線を駆け上がることに…!!



六郷土手通過!
”特急”を名乗るクセに、通過するのはココと隣の雑色だけなんですよね(^-^;
4連という姿もあって、このイマイチぱっとしない感が堪らなく好きでしたvvv



秘技”留置線退避”www

D特急、最大の見せ場はココでしょう!あ、もう既に「快特」に化けてますけどね。快特が快特を退避する…というのも、なんともフシギな光景でwww
ここ、もともとはフツーの折り返し線だったんですけどねー。品川方にもポイントを作って、下り線から直接入れるように改造されました。既存の設備を最大限活用しよう、というのはいかにも京急らしい発想だなぁとvv
ホント、留置線で退避させるなんてアホなこと、誰が最初に考え出したんだろう(笑)



車内から見た留置線退避。直通運転がスタートした直後の写真なので、まだまだ軌道もキレイ。いじった箇所がよくわかりますね。
ちなみに…奥の方~に止まっている800は、川崎止まりの普通車です。本来の折り返し線をD特急に取られてしまったので、橋の上で折り返し中www



大雪の日。
増結中止、普通車半減…という減量ダイヤ(?)で運転されていたときのこと。D特急も、普段なら手前の留置線で快特待ちをするんですが…増結相手が居ないので、そのまま入線してくるレアなシーンです。
でもって、スゴいのが川崎でお客さんを降ろしたあと!速攻スイッチバックして留置線へ→またスイッチバックして上りホームへ→もう一回スイッチバックして羽田空港行きに…という一連の作業をモノの数分で仕立ててしまいwww 
しかも、また蒲田でスイッチバックが待っているという…増結中止したんだし、扱いづらいD特急も運休させちゃえよ、って思ったんですが(^-^;
まぁ、そこは京急ですから、ねwww



増結中…12連になったのも束の間、金沢文庫でまた切り離して普通車に化けるんですよね~www
これほど切ったり貼ったりする列車ってのも、そうそう他では見られません。とにかく趣味的には残念ですが…。不慣れな旅行客には拷問だったよな、とwww 空港行きはドコだ!?とホームをスーツケース引っ張りながら右往左往するお客さんも時々見かけましたし…。柱番号何番~とか言われても、普通はワカランもんなぁ(笑)



で…。はたと気づいたんですが、D特急の廃止で平日の日中は全ての列車が8連に、休日もA快特は8連…ということは、改正以降2100はほぼ単独で走ることになりますね。朝晩はA快特も12連になりますが、逆にラッシュ時は2100の出番が殆どないし…(汗;
2100がデビュー仕立ての頃は、日中の12連といえば2100+600で固定だったのになぁ~。



2002年のダイヤ改正ポスター。全てはここから始まりましたwww
この頃から高架化の話はチラホラありましたが、一体何年掛かんのそれ…って感じでしたので(汗; D特急というのは、高架化までの”繋ぎ”だったんでしょう。なかなか完成しないから、苦肉の策というか…でもって10年ほど経った今、やっと解消したと。



あ、あと川崎といえば…下りの特急で川崎から回送扱い→新町切り離しとか(写真↑)、後4両を切り離して普通車に化けるヤツとかは現状維持みたいですね。

・普通車の減便



文庫~川崎間の日中、毎時12本だった普通車がエアポート急行に置き換わるかたちで毎時9本に。
まぁ、これは今のダイヤでも毎時12だからといってキレイな5分ヘッドではなかったので、しょうがないかなーという気もしますが…。場所や時間帯によっては激混みの4連普通がやって来た直後に、ガラ空きの6連普通が続行運転…とか、もの凄く偏ってたりしますから(^-^;
それよりも、D急行時代に停車駅だった京急富岡や生麦のお客さんから反発は無いのかなー…と。D急行なんて随分前の話だから、もうすっかり記憶の彼方なんですかねぇ(汗;

ちなみに、かつてD急行が走っていた平成9年改正の時刻表をひっぱり出してくると(表紙は出来立てほやほやの上大岡駅ビルに、2100形の完成予想イラスト!!)日中の横浜駅では毎時:快特=3、特急=3、急行=6、普通=6というパターンでした。
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/405-526734f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)