>> ホームへ戻る
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
気の向くままに鉄道写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
新型より旧型派、バスも好き、ときどき海外の鉄道にもお邪魔します。

2017年11月13日にブログのデザインを一新しましたー。
何かありましたら右下のメールフォームからご一報ください。  

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

奇跡の復活を俯瞰で。
先月のダイヤ改正で定期運用から外れ、ここ最近は週末に臨時のツアー列車を仕立ててあっち行ったりこっち行ったりしている中央線の201ですが…なんと、代走で通常の運用が復活しました!!
昨日、他サイトさんを巡回していて知ったんですが…ブログなんかでも、ごくフツーに201が(それも、最後に取り付けられていたハートマークも無い、本当にノーマルな顔で)走っている姿がupされていて、撮影日は当日…最初は何ぞ!?って思いましたwww
そこで、今朝も運用に入っていることを確認して新宿へ行ってきました。





都庁の展望台から大俯瞰…!!

ステンレスのクルマでは風景に溶け込んでしまって何が何だか…ですが、201ならバッチリ!!一度やってみたかったんですよ~www 
でもって、この大パノラマが無料ってのもスゴい。なんと都庁展望台、入場料無料だったりします!
…それならもっとね、数が減る前に行っておけばよかったんですが。いつでもいいや~…で、気づいたら今日になってたと(笑)例の臨時列車は三鷹発着なので(そりゃあ東京は臨時スジなんか引く余裕ないわwww)今回の復活劇がなければ撮れず仕舞いになるとこでした(^-^;



さて…下界に降りて、っとwww
工事中の新南口をバックに一枚。変わり行く新宿と201の記録です。



ラストは”中央特快”のマークが見たくて正面から…。
このマーク、スゴく見やすくて実用的な上にカッコイイですよね。なんでE233には標準サイズのLEDしか付いてないんだろ…って思います(^-^;

そういえば…今日は「昭和の日」でした。
昭和、というと何を思い浮かべるでしょうか。三条は昭和という時代をホンのちょびっとしか生きていないので、実際どんな時代だったのかは想像の世界でしかないんですが…。
電車のデザインを見ていると、東京の通勤電車は単色塗りは昭和、ステンレスは平成…そんなイメージがありますね。もちろん厳密には205系だって昭和生まれですし、東急なんかは昭和の真っ只中から銀々していたワケですが…あくまでもイメージの話。もう首都圏には101や103は走っていないので、そんな昭和の単色塗り電車を忍ぶには201系しかいない…って考えると、昭和は遠くなるばかり…。
昭和の日には、昭和という時代を振り返って、将来を考える”温故知新”的な意味もあるそうです。振り返ってばかりではダメですね。将来か…昭和の名車に倣って、とりあえずラッピングでも良いから、次の新型車両にはゼヒともオレンジ一色+○○特快とデカデカ表示できるような電車になって欲しいですねwww 
関連記事
スポンサーサイト

JR東日本 | トラックバック:0 | コメント:2
[ 2010/04/29(木) 21:46 ]

<<”阿佐線”に思いを馳せて #2 | ホーム | ”阿佐線”に思いを馳せて #1>>

コメント
こんにちは。
生後約25年半を昭和の時代で過ごした1380です。

小生の過ごした昭和時代を振り返りますと、1960~70年代(昭和30~40年代)は、まさに高度経済成長期の真っ只中で、当時の国鉄や民鉄各社が、こぞって個性的な新性能車(高性能車)を登場させていた時期でもありました。1980年代に入り、今回の201系などのように、「省エネ」を標榜した車両が続々と登場するようになりました。

ただ、1980年代後半(昭和60年代)も末期になりますと、昭和天皇のご病状に鑑み、自粛ムードが高まるようになり、1989年1月7日に昭和天皇がご逝去されたことにより、昭和の時代は終焉を迎えたのです。

元号が昭和から平成に改元された直後の話。鉄道趣味界においては、「今度登場する車両の銘板は、昭和64年になっているのか、あるいは平成元年になっているのか」などと話題になったことがあり、結局小田急1000形1252F(昭和64年日本車両製)や東急1000系1002F(昭和64年東急車輛製)などが「昭和64年」の銘板をつけて出場し、当時の注目を集めたものでした。

小生が高校生の時に登場した201系も、つい数年前まではごく当たり前のように見られたものだったのですが、中央線快速ではE233系の大量導入により、今年限りでの引退が決定しており、改めて歳月の経過の早さを感じます。ましてや、純粋な平成生まれである「ミスターE電」!? 209系に至っては、既に0番台が転用改造もしくは廃車解体の道を歩んでいますので、なおさらです。かく言う小生も、今年で満47歳…。

今回は以上です。
URL | 1380 #uO6YuKlk | 2010/04/30(金) 12:03 [ 編集 ]

Re: こんにちは。
コメントありがとうございます!

ここ最近は、高度成長期時代のクルマたちが急速に減ってしまいましたね。京急1000然り、京王6000然り…このことが、余計に昭和という時代を遠くしてしまっているような気がします。
E電(笑)は車両の更新サイクルが早い、ということもありますが、201のような省エネ世代からの引退が始まってしまうところを見ると、近いうちに「昭和生まれ」の銘板をつけているだけで古参扱いになるでしょうか。
今でも平成になってから20年を越えて、純粋な平成生まれのクルマからも、転属や廃車が出始めていますしね。209…は、若干例外な感じもしますが(^-^;

自分よりも若いクルマが引退する、というのは何だかフシギな感じ。
そのうち、さよなら運転のときに「このクルマ、デビュー当日に○○駅で撮ったなぁ~。きれいなヘッドマークを付けてた…」なんて思い出すようになると、年喰ったなぁーって感じるんでしょうね…(汗;
URL | 三条イツキ #- | 2010/04/30(金) 13:56 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/400-b870a4e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


copyright © 2017 私鉄屋雑記帳 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / NetMania
まとめ