> 私鉄屋雑記帳 帝都時代の香り。
プロフィール

三条イツキ

Author:三条イツキ
どこまでも続く田園風景の中を、のんびりと単行の古びた電車が、ゆらゆら車体を揺らしながら、釣り掛けの轟音を残して通り過ぎてゆく…
私鉄系旧型電車が好きな管理人が、国内の地方私鉄から海外の軽便鉄道まで、気の向くままに写真を撮り歩いては書き綴るブログです。
マイナー路線まっしぐら!!

ご意見、ご感想等々、管理人への連絡は下の「メールフォーム」からドウゾ…!!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



リンク集

このブログをリンクに追加する



その他いろいろ



アクセスカウンター



フラッグカウンター

free counters



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



RSSフィード



帝都時代の香り。
「してつや」更新しました!




今回は京王です。京王帝都…!K.T.R.…!!←この響が好きwww ということで、6416編成の臙脂帯復活を祝って、特設ページ作っちゃいました~(↑のアイコンをクリックすると飛べます)といっても、日付の語呂合わせを狙ったこともあって(笑)まだまだ消化不良。京王線の増結は未だ撮れてないし…中途半端な感じです。とりあえず、競馬場線の撮れた分と、こないだの動物園線へ入った様子を掲載しています。
あとは…もうじき競馬場線は超緑化軌道の季節もやってきますので、雑草を掻き分けて走る6416の姿も押えたいですねwww

んで。こっちでは惜しくも特設ページから漏れてしまった普通な6000系たちを、ざっくりupしたいと思います。



まずは、こないだの臨時ついでに撮った5扉。モノレールの程久保駅からの撮影です。多摩都市モノレール乗ったの、今回が初だったりします…しかも撮影のために1区間だけwww
とりあえず、隣駅まで100円っていう運賃設定にビックリした…!!



ちょっと懐かしの5扉。2004年11月、まだ相模原線の各停が6連だった頃の写真です。
転落防止用の柵が出来て、いよいよ物理的に新宿へ入線できなくなった5扉車は、6連に組み替えて相模原線へ閉じ込められていましたが…それも束の間、相模原線の各停が8連になって一挙に都営天下と化してしまい(笑)デビューから僅か20年足らずで、お役御免に。とことん扱い辛い子だったんですね…



一方、2連口はめちゃくちゃ重宝されてる感じ。今でもラッシュ時を中心に10連の先頭に立って大活躍しています。
同じ形式で、ここまで明暗がハッキリ分かれた例も珍しいかと(^-^;



雑草生い茂る、夏の競馬場線

ば、バラストが見えんしwww 2連でワンマン対応のクルマは、写真の6417編成と、臙脂帯に戻った6416編成の2本います。





でもって一番標準的な(?)8連は…なんと、残すところあと1本のみ。6017編成が孤軍奮闘中…!!
本当は今年2月に引退する予定だったんですが、件の脱輪事故で車両が不足してしまい…”棚ボタ”で生き延びてしまった曰くつきだったりします(^-^; さて、いつまで残るのやら…







高幡不動での分割風景。
8連が1本しかいないので、こんなシーンも殆ど見られなくなってしまいました…。





30番台たち。都営直通といえば6000の独擅場ってイメージがあったんですが、それもいつの間にやら落城して…(汗;
去年、このグループは一足先に撤退してしまいました。



妻面に臙脂帯が!!

若葉台での一コマ。2色帯化が急ピッチで進められたので、妻面は端折られてたんですね(^-^; 検査で塗り直されるまで、暫らくこのまま放置されていたようです。

それにしても、この頃の写真を見ると当たり前のように6000が写ってて…やっぱり減ったんだなぁ、とつくづく感じますね;; 
撤退まで1年を切った現在、京王線は増結2連と8連1本以外全て消滅、支線のワンマン車が細々と…という陣営に。一大勢力を誇った角ばった車体に非対称の顔も、残すところもあと僅かになりました…
関連記事
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://st614.blog85.fc2.com/tb.php/397-f51f2f89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)